M2_pictlog

高感度の変容

e0097970_9293270.jpg

【 プリンセチア 】
 OLYMPUS E-M5
 OM ZUIKO 50mm F3.5 Macro



ポインセチアの一種だと思うけど、買った時のタグにはプリンセチアとありました。
とりあえず枯らさずに保っているのですが、このままでまた冬には綺麗な色の葉を広げてくれるのか。
とりあえず、水だけは絶やさぬようにしています。




・・・
これも先日のマツバウンラン同様、室内で撮ったもの。
ISO2500(jpeg)です。
正直ボソボソの画像なんですが、小さめのサイズで見る限りは思いのほかまともに見えます。
高画素と言えばノイズノイズとやたらにノイズを気にする傾向がありますが、実際には色の再現性やディティールの再現性の良し悪しが効いてるように感じます。
とは思っても、等倍画像のボソボソ感にはちっとも萌えませんが(^^;
ここらも、色を含めてこれまでのオリとは違った印象が強いですね。
(PENシリーズは知らないのでE-M5からのものなのかどうかわかりませんが)

・・・
フィルムカメラOMとの併用を前提に、EVFの表示スタイルを“スタイル1”(OM-4風)にして試用中なのだけど、この時アイセンサーをOFFにするとこの設定が反映されずに、標準の“スタイル3”に強制的に切り替わってしまいます。
(アイセンサーの設定画面に表記されてはいます)

ちょっとトロいアイセンサーをオフにして、ファインダーでの撮影に集中しようと、ちょっとアナクロチックに設定すると、なぜかファインダーはコンデジ風(笑
ちょっと理由が思い浮かばないのですが、なにか理由はあるのでしょうか。

・・・
先日、メインディシュ(?)としてOMの90マクロを付けて持ち出したのですが、やはりちょっとフロントヘビーなバランスになってしまい、決して使い易いバランスだとは思えませんでした。
フランジバックの差分だけ前へと偏ったバランスは、OMを使っている場合に比較して、よりフロントヘビーになってしまうのと、右手グリップの親指部分が狭く且つ外側に寄っているからでしょう。
バッテリーグリップのHLD-6を付ける事で若干改善しますが、完全とは言い難く、やはり大きく重いレンズでの使用には、それなりのアンバランスさを覚悟しなければならないと思います。
とは言え、OMの時もこのクラスのレンズを使う時は基本としてレンズを左手でホールドするように使っていますから、そういう意味での違和感は少ないです。むしろMF-2(マイクロ用OMアダプター)に指を回すようにして保持する事で、OMよりも扱い易いと感じる部分もあります。
by M2_pict | 2012-04-20 10:06 | OM 50mm F3.5 Macro | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード