M2_pictlog

G30マクロ初撮影より

e0097970_846356.jpg

【 葉上のルリシジミ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Lumix G 30mm F2.8 Macro





ともかく一度撮影せねばと新レンズ持ち出した時に限って、こういう久しぶりの相手に。
焦点距離が短いから蝶トンボは半分諦めていたのに、、、。
しかし、運は見放さなかったと見えて、しばらく追いかけた後、ここまでは寄らせてくれました。








ともかく“寄る”という事では一芸あるレンズ。
NEXのE3035マクロもそうですが、デジタルでの等倍標準マクロというのは“寄り”が強烈。
いつもの中望遠感覚だと、影が写り込んだりぶつかったりと中々落ち着いた撮影ができなかったり(^^;
やはりトンボや蝶を追いかけるには辛い画角ですが、中望遠レンズでは撮れない画というのもやはりあるのですよね。コンパクトな鏡筒の標準域のレンズでもありますし、サブマクロ的に持ち出す事も多くなりそうです。

全域で(マクロとしては)安定感があるAFはなかなか。
古典的な全体繰り出しではないだけに画質のチューニングには相当苦労したのではないかと思いますが、トレードオフで手にしたインナーフォーカスの速く静かなAFは、確かに新しい時代のAFマクロに仕上がってる印象です。

今時のレンズらしく、解放から安心して使える解像力もあります。
今回の1枚は解放F2.8での撮影でしたが、甘くなる感覚はありません。
むしろ絞っても大きく印象が変わらないのも今時のレンズっぽいですね。
もちろん、絞り込みすぎると回折の影響は出て来ますけど、、、。




e0097970_932594.jpg

【 Lumix G 30mm F2.8 Macro / E-M5 Mark II 】

 Panasonic DMC-GM1
 m.ZUIKO DIGITAL 60mm F2.8 Macro





必ずしもマッチングが良いとは言えない(意匠上)E-M5IIとの組み合わせですが、使い勝手は上々。
ボディ内ブレ補正で快適に使えますしAFも十分な性能を発揮しています。
(GX8等の空間認識AFはかなり良いらしいのでアレですが)
GM1との組み合わせの場合、グリップ等を付けて底をかさ上げしないとレンズの径が大きいので、、、。
本体が小さすぎるのも難しいものです。

このパナの3028マクロにDG4528マクロ、オリの6028マクロとなると、次は9028マクロか。
私的にはオリに9020PROで大口径防塵防滴望遠マクロをお願いしたいところなんですけどね。
by M2_pict | 2015-09-05 09:44 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(4)
Commented by Clearwater0606 at 2015-09-05 19:57
お〜、シャープですね。ちょこっと見えている表の色も素晴らしいです。

私はGM1に純正グリップをつけていますが、20mmのパンケーキ・レンズを使う分には、なかなか良いです。
Commented by bernardbuffet at 2015-09-05 19:59
いつものことながらピントの置き所が見事ですね。
仰る通りレンズも秀逸そうで!
Commented by M2_pict at 2015-09-06 06:43
Clearwater0606さん、名前のとおり、表の色が素敵ですよね。
スリスリしてましたが、広げてはくれませんでした。

あのグリップ、ほとんどのレンズの場合、つけた方が良い気がしますね(^^
Commented by M2_pict at 2015-09-06 06:44
bernardbuffetさん、複数枚撮れたので、ピンの良いのを選んでますw

ともかくくっつくくらいに寄らないとここまで大きく撮れないのが、辛いと言えば辛いレンズです。
普通に撮るとシジミチョウが豆粒のようで、、、。
名前
URL
削除用パスワード