M2_pictlog

帰り際のギフト

e0097970_7181895.jpg

【 ホシホウジャクの吸蜜 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro





この日、撮影にひと区切りつけて帰ろうとすると、駐車場脇で接近遭遇。
こういう事があるから、車に乗るまでカメラを片付けられない(^^

「こんなにすばしっこかったっけ?」と、思わず呆れるほど忙しない動きに翻弄されつつ、やや距離を取って見失わないように気をつけながら撮影。

後で気づきましたが、これ、昨年は撮れずに終わっていたので2年ぶりの撮影でした。

***
このホシホウジャクやオオスカシバガなどは、蜂と間違いそうなスズメガ科の昆虫。
昼間に飛び花の蜜を吸う活動パタンとしては蝶にも近い、ちょっとハイブリッド?な印象のある蛾。
翅を閉じて止まっていると「確かに蛾かな」と思えるのですが、飛んでるところはハチドリのような愛らしさすら感じます。

ちなみに、このblogでのタグ付けは“虫”にしています。
ご存知の方も多いかと思いますが、蝶と蛾は非常に近い種でもあるので“蝶”タグでも良さそうなんですが、登場頻度と一般的な認識として“蝶”とするよりもそれ以外というカテゴライズが適当かな?と思って、ウチとしては“その他”的意味の“虫”タグを付けています(^^;
by M2_pict | 2015-09-11 08:00 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)
Commented by hirobon727 at 2015-09-12 05:44
M2さんの画像の良さはマクロの世界なんだけど、そこに色合いの良さと言うか
絵として魅せてくれる要素があるので、そんなに凝っていなくても良い写真だなと思わせる
ものがありますよね。 
Commented by M2_pict at 2015-09-12 08:50
hiroさん、いろいろありますが、昆虫マクロ、それも今回のような“飛びもの”は特に「懲りようのない瞬間勝負」みたいなところがあって、野放図に撮っても無駄なんですが凝ろうとしても余裕がなくて一発勝負、、、そこに肩の力の抜けた魅力を感じているのかもしれません。撮影者として。
あと、この一枚は曇天で光がよく回っている事も選んだ要素のひとつです。
彩度が高いのではなく発色豊かで、、、オカルトですかね(^^;
名前
URL
削除用パスワード