M2_pictlog

ジレンマ

e0097970_174478.jpg

【 タテハモドキ:湖畔にて 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Voigtländer ULTRON 40mm F2 SL ASPHERICAL OM





今年はなかなか撮るチャンスがなかったタテハモドキでしたが、なぜかこういう寄りにくいレンズの時に相手をしてくれたりする、、、ほんと思い通りにいきません。

だがそれがいいw
by M2_pict | 2015-11-05 01:10 | Other lenses | Comments(6)
Commented by nama3_kitano at 2015-11-05 07:36
素晴らしい描写ですね。
この距離感は、私の大好きな距離感です。
寄りすぎていないし、離れすぎてもいない。相変わらず
背景の処理が秀逸です。
Commented by Clearwater0606 at 2015-11-05 22:46
お〜、タテハモドキですか。綺麗ですね。

当地では見る事が出来ません。一度で良いから見てみたいです。九州ではよく見かけるのでしょうか?
Commented by bernardbuffet at 2015-11-07 20:59
見事な描写ですね!
鱗粉の手触りが感じられます。
Commented by M2_pict at 2015-11-08 00:17
mana3さん、かなり寄ってるんですが、さすがに40mm、それなりに背景に情報も入ってきます。
光も強くトップライト気味でもあるのでキツめの描写もみられますが、キリっとした雰囲気も“らしく”感じられて気に入った一枚です。
Commented by M2_pict at 2015-11-08 00:20
Clearwater0606さん、秋に羽化し、このまま越冬していく個体でしょうね。

私が子供の頃はほとんど見た記憶もありません(単に知らないのでしょうけど)し、実際分布の記録を見聞きした限りではここ10年ほどで北上し定着したものと思われます。
夏型と秋型の出現時期に少し間が空きますが、秋の深まるこの時期、結構見る事が多いようです。
Commented by M2_pict at 2015-11-08 00:22
bernardbuffetさん、見た目のオールド感とは違い、かなりキレるレンズです。
キレすぎるのか、丸ボケのエッジはキツくコントラストも幾分強い印象があります。
ややクールな色味も感じられますが、例によって比較テストもなにもしていないので、ただの印象です(^^;
名前
URL
削除用パスワード