M2_pictlog

蝶目線で

e0097970_7585055.jpg

【 ベニシジミ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro





意外なほどに地面近くではいまわるベニシジミ。
そんな低いところにいるベニシジミの蝶目線を意識すると、可能であればホフク撮影したいところですし、多少不自由でもLV撮影でしっかり目線の高さで撮りたくなるんですよね。
この季節の土と草の匂いを感じつつファインダーを覗いて撮るのは、やはり楽しいもので。



 
by M2_pict | 2016-05-14 11:04 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)
Commented by yy2828yy at 2016-05-14 20:08
こんばんは。
もう30度といっていい気温ですから、完全に夏日ですね。
カマキリ君もそろそろ...とも。

蝶の目線...確かに仰る通り、忘れがちなことですが、基本だと思いますね。
このカットもその姿勢ならではで、さほど好ましいとはいえないトップライトでも、肝心な蝶の表情は涼しげに凛と出たのでしょう。

ただ、近頃変に屈むよりも、腹這いになってしまった方がずっと楽な私でもあります。
Commented by M2_pict at 2016-05-15 10:31
yy2828yyさん、こんにちは。
日差しが春のソレとは明らかに違ってきました。
カマキリたちも既に出てきているかと思われますが、、、まだ発見できません。
自宅に卵を持ち帰れなかった為、数年ぶりの喪失感を味わっています。

やはり基本なんでしょうね、目線の角度というのは。
で、相手が地べたにあるとなると、、、腹ばいホフクがやはり理想。
汚れるのを嫌って背面液晶でのLVも使いますが、しゃがんだり寝そべったりして直にファインダーを覗いて撮影した方が(私は)楽しさが倍加するようです。
(屈むとほぼ毎回立ち眩む季節になってます、、、)
名前
URL
削除用パスワード