M2_pictlog

経験値

e0097970_23553204.jpg

【 アオイトトンボ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro





イトトンボの仲間は多い上に差が微妙(に感じられ)、さらに小さいので同定が難しくて、、、と言い訳。
しかし、蝶もそうですが、経験値を上げていくことで「気づき」を得やすくなるような気がしています。
気がしているだけかもしれませんが。

という事で、意外と初めてだと思います、このイトトンボ。
アオイトトンボかオオアオイトトンボに絞り込みましたが、その仲間、というところで今回はギブ。
種としては結構古いという事でした。



 

by M2_pict | 2016-11-01 07:41 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(4)
Commented by bernardbuffet at 2016-11-01 21:14
スッキリしていて緻密なこの描写、M2_pictさんらしい写真ですね。
花の名も虫の名も正確さを追求すると中々難しいところがあります。
花など、図鑑だけでは葉の形、花の大きさが曖昧になりがちで、結局白い花、赤い花でお茶を濁してしまいます。虫も微妙な違いを峻別して特定の種を同定するのは至難の業。指摘の通り経験値が物を言いそうです。それも漫然とした経験ではなく、神経をすり減らすような経験が必要ですね。
Commented by Clearwater0606 at 2016-11-03 11:58
綺麗なトンボですね。

確かに種類の同定は難しいですね。ただ、最近かなり良い図鑑が出てきているので助かってます。
Commented by M2_pict at 2016-11-03 19:59
bernardbuffetさん、ウチのメインレンズ90マクロっぽいのかもしれませんね。
つい寄ってばかりの写真になってしまいがちで、結果、撮影画像を見ても同定が難しいということになりがちです。
しかし、毎度毎度のお馴染みさんになってくると、撮影中の違和感で別種だと感じられると果たして、、、という事も少なくありません。
かといって思い込みで判断するのは間違いの元。
時折は図鑑で再確認したりしています。
Commented by M2_pict at 2016-11-03 20:00
Clearwater0606さん、渋い青色に惹かれて寄って見ました。
翅の半開き具合が珍しく、サイズや全体の雰囲気からいつものイトトンボ系とは違う印象でしたが、果たして初撮影だったというわけです。
図鑑、大事ですよね。
名前
URL
削除用パスワード