M2_pictlog

借り物の彩り

e0097970_23260104.jpg

【 色づく前に 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 m.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
 MC-14




ようやく所々で色づいてきたようですが、今年はどんな塩梅でしょう。
シルエットの葉はまだ緑。
背景の彩りは枯れ草のものです。



 




***
物欲に関して少し。

E-M1 Mark II、12-100F4、25F1.2、3035マクロ、新ツインフラッシュSTF-8などといった新製品が登場してくるのだけど、色々と入り用な年代の私としては手が出そうにない。

深度合成のできるボディがあれば35マクロも安くていいかと思ったけど、M5IIはフォーカスブラケットのみなので、正直面倒くさくて多分使わない。なら手持ちのパナの3028で良いわけで。
12-100はかなり使いやすいスペックだけど、私はコンパクトな12-40で多分問題ない。
2512、これは使ってみたいけどあまりに贅沢に感じられるし、すごいのが大きいというのはあまり惹かれる要素にはならない私。でも、サンプルの描写はさすがに感じられて、やっぱり使ってはみたいレンズ。
M1MKII、これが一番欲しい。M5IIでは足りない部分をほぼ完璧に補完している。
ただ、M5MKIIのサイズ感がとても心地よいだけに、その価格と芋づる式に欲しくなるほかの機材も考え合わせると、ちょと現実的ではない、、、と思う事にしたい。
M5IIIあたりで近づいてくれればいいけど、これまでの流れからすると絶対に近づけない領域が残ると思うので、やはりM1系はフラッグシップなのだと
ツインフラッシュSTF-8は、、、思っていたよりも本格派で高かったのが厳しいところ。
いつかは買っちゃうかもしれないけど、しばらくは我慢するし、そのうち忘れちゃうってのが理想。
趣味のものにあまりコスパを求めるのは野暮だけど、さすがに使用頻度と価格のバランスに躊躇してしまうところ。

そんなこんなで、この年末には大量のオリのポイントを捨ててしまうことになりそうです。




 

by M2_pict | 2016-11-12 09:39 | MZD 40-150mm PRO | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード