M2_pictlog

M645 *2

e0097970_22590513.jpg



【 Mamiya 645 1000S / SEKOR C 55-110mm F4.5 N 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 60mm F2.8 Macro





持ち帰りのセット一式。

【 M645 1000S 】
 M645比1/1000秒まで拡張された電子式シャッター、ミラーアップ、セルフタイマーが追加されてるとか。
【 AEプリズムファインダー 】
 正式名称は調べてませんが、後期のもの。絞り優先撮影が可能。先日のテストの結果AEは生きてます。
【 MAMIYA-SEKOR ZOOM C 55-110MM F4.5 】
 35mm判の望遠ズームにも似た雰囲気の単体で800gあるらしい「標準」ズーム。Nもポイントでした。

いやもう実に「重い」セットですが、ジャンクのような値段に合わないすこぶる付きの美品な上に小気味のいいクランクとシャッターの感触にやられてしまいました。

試写の結果、感覚としては35mm判SLRを使っている感覚に近いものがあったように思います。
同じマミヤのTLR、Cシリーズを使っている感じとも、同じくブローニーのSLRであるBRONICAとも違う感触がありました。
それは645フォーマットの画面比率なのかも知れませんし、プリズムファインダーのソレか、はたまたAEまで積んだ機能性なのか。

個人的なイメージよりは随分と新しい(1976年発売)ボディなんですよね。
古典的な機種をいたわるように使うのではなく、実用機としてガンガン使う事が出来そうなのもポイント。
そういうところも、もしかしたらMAMIYAっぽいのかも知れないなどと思いつつ。



 

by M2_pict | 2017-02-04 09:30 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(8)
Commented by mutuki-w at 2017-02-04 14:51
以前はこちらでも結構出物が在りましたが、今は皆無と言ってもいいくらいです。
もっとも35mm版ですら以前のようには並ばなくなりましたけれど...

↓のブルーは眼を惹きますよねぇ。写真や機材に関しては他の方々の適格なコメント
が来ると思うので、僕は単純に写真も機材も「かっこいい」と呟きます...いいなぁ
Commented by bernardbuffet at 2017-02-04 20:53
機材そのものに存在感と風格がありますね。
フラッグシップ機とはいえ、デジタルとはやはり佇まいが異なるようです。
M2_pictさんがheavy級に食指を伸ばしているのとは反対に、私は最近、フルサイズからMFTへの完全移行を考えたりしています。まだまだ未練がありますが・・・・。
Commented by harada at 2017-02-05 01:03 x
こんばんは。
 あぁ、同じものを私の親父が持ってたのですよ。私も何度か使った事はあります。
 キレイなものを入手されたようで、よかったですね。

 こういう形のカメラ、どうもアイレベルファインダーでは不安定で使いにくかったなーと記憶してます。
やっぱり上から覗き込むのが自然かもしれませんね。

 このセミ判というフィルムサイズは、素直に見やすく、そして扱いやすいサイズだと思っています。
 35ミリだと小さいし、6×6の正方形だと視野が広過ぎてトリミング処理が前提になる気がします。
 いずれまた手に入れたいと思っていたカメラですが、、もうフィルムの入れ方忘れました。
Commented by karts2 at 2017-02-05 09:01
おはようございます。
その堂々としたたたずまい、貫禄がありますね。
一度は足を踏み入れたいと思う世界でありますが、未だショーウインドーのガラス越しに見るばかりです。
Commented by M2_pict at 2017-02-05 21:22
睦月さん、フィルムカメラの中古も少なくなってきましたね。
だからこそ「次はない」という感覚が...「罠」ですよね(^^;

実際よりもかなり濃厚なブルーになっていますが、やはり「こんな感じに撮りたかった!」というブルーのひとつになっているような気がします。
さすがにフジのポジ。
Commented by M2_pict at 2017-02-05 21:29
bernardbuffetさん、35mm判のSLRと比べれば大きく重いですが、この機種にはそれほどの高級感はありません。
デザイン言語としても昭和っぽいですし。
ただ、やはりブローニーが上級(プロ)志向が強くなる中で出てきた機種の雰囲気はたっぷり持ってます。
実直さはマミヤっぽいですし。

私もデジは小型軽量志向が強いです。
一方でフィルムはその使用頻度や撮り方からして一枚を重視する傾向があって、結果的にブローニーはハマるような感じになっています。
ハーフはまた別腹ですが。
Commented by M2_pict at 2017-02-05 21:36
haradaさん、こんばんは。
身近な方がこうした機材を使われていたというのは、ただ羨ましいばかりです。
私にはそうした記憶はほとんどありませんので、ただもう触ってみるところからです。

アイレベルはファンだーも暗くなりがちですし、決して使いやすいとは思えません。
ただ、ウエストレベルはブロニカもマミヤCもあるので、、、と言いたいところですが、やはりウエストレベルは欲しいので手配しちゃいましたw
ウエストレベルでの撮影の場合、正方形というフォーマットは縦横気にせずストレートに撮っていける感じがして、いつのまにか好きになっています。
ただ、645のフォーマットが親しみやすい比率なのも事実で、おっしゃるような感じもあってか、軽快な撮影ができた気もしています。
フィルムの入れ方、ブロニカがあったせいか調べずともなんとか出来ましたよ(^^
Commented by M2_pict at 2017-02-05 21:41
karts2さん、こんばんは。
横にブロニカ置くと「小僧っこ」のようですw
決して軽く小さなカメラではありませんが、このフィルムサイズでなければ楽しめない世界はあるのだと思います。
そしてブローニーの一眼レフとしてはとてもお安く揃えられるのが「今」の魅力でもあります。
ただ、機械式ではなく電子式シャッターです。
壊れるまで、と決めて付き合うつもりです。
名前
URL
削除用パスワード