M2_pictlog

Foveon 入門

e0097970_10103220.jpg

【 sd Quattro 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





年末届いた新機材 SIGMA sd Quattro。
“H”ではない方なのはお値段、そして望遠系が中心になるだろうというイイワケです。
そう言えば昨年も一昨年も年末になって機材が増え、その年の「物欲の顛末」に間に合わなかったりしていました。
年末怖いです。



 




e0097970_11053225.jpg

【 sd Quattro / 30mm F1.4 DC HSM Art 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





最後の最後まで dp3 Quattro と悩みましたが、どうせ広角側も欲しくなる(下手打つと複数台)と思っていたのと、何より適当な在庫が無かった。
あと、どうせ一体型なら Merrill を使いたいとか非常識な事まで考えてしまい...。
まぁ、コスパを考えるような機材ではありませんが、この sd Quattro は使い勝手も含め最も手頃にFoveonに浸かる事のできるボディだと思います。

古い雑誌を引っ張り出して当時の記事を見てみるとAEとAF(精度)は結構優秀という評価がありましたが、例のスペックの割にもやっとしたファインダーと私のマクロバカとの関係もあってAFはほとんど使わず宝の持ち腐れ、ほぼフルタイムマニュアル&拡大表示で運用しています。
AF精度は高いらしいので(素晴らしく遅い)活用してみたくもあるのですが、私の用途だとストレスの方が多そう...ま、もう少し研究して見ます。

なお、この拡大表示というのがAFで使いにくい(使えない)のが一番困惑している点で、
例えば
「AFは親指AFにして確認と微調整に拡大表示」しようとしても出来ない。
レンズをMFにしないと拡大出来ないみたいなんですよね。
そしてMFにしちゃうと今度は親指AFが出来ない(これは機構上仕方ない)。
何か設定上の闇に落ちてるのかも知れませんが、今のところ解決策は見つかっていません。
オリのが便利すぎるというかオリを基準に設定しようというのが(いや「しよう」とまで思ったこともないのですが)間違いなのか。
そんなこんななので、現在はほぼMF専用機として使うフローになっています。

肝心のレンズですが、もちろんSAマウントなんて持っていませんから手っ取り早くキットレンズである 30mm F1.4 DC HSM Art 013 を選びました。
ここのところ標準域が面白くなってきていた事と、今のところ SIGMA GLOVAL VISION 準拠の単焦点レンズの中では最も...お手頃でしたので。

このレンズ、フォーサーズの頃からラインナップされていたレンズの改良版という話(確認してみたらレンズ構成から全然違ってましたm(_ _)m)ですが、外装のみならず最短撮影距離が短くなって倍率が上がっているのと、フォーサーズ規格だと60mm相当という個人的にすごく扱いにくい画角になるのですが、APS-Cだと実に手頃なんですね。
描写的には少し歪曲が残るのと色収差が出やすく開放では球面収差も大きめという「印象」があるのですが、sd Quattro で使ってみたら、それはそれとして切れ味は悪くなく楽しんだ方が勝ちタイプだと思えてきました。
どう撮ってもよく写るというのではなく、考えながら撮らないと泣きをみるかも?というところですが、趣味としては悪くありません。
ハッキリ、手軽に良く写るというのであれば、マイクロ一式揃っていますので。

あと、暫定かも知れませんが、ストラップは久々にアルチザンアーティストの ACAM-115(NVY) を引っ張り出して付けてみました。
以前 X-E1 に付けていた少し幅広のシンプルなストラップです。
もう少し実用的な普通のテープ式を考えていたんですが、余ってるストラップが丸環タイプのしかなくて。

私は人差し指と中指にストラップの根元を通すようにするのがひとつのパタンなんですが、sd Quattro の位置だとソレはできないので、少し持ち方も悩んでいます。
(首に下げるのは基本的にしない)
もしかすると片吊りのハンドストラップも良いかも?



 

by M2_pict | 2018-01-07 22:00 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(6)
Commented by Clearwater0606 at 2018-01-08 10:01
Foveon、凄いっすねえ。情熱も素晴らしいです。
Commented by bernardbuffet at 2018-01-08 10:17
ついにFoveonに手を出しましたね!
DP2merillを持っていましたが手放してしまいました。SIGの引き取り価格は涙ものでしたが。
このセンサーは緻密さがすごいですね。レンズ性能を選びますが、目が痛くなるほどの解像感で、ディスプレイに表示するとゾクッとした思い出がよみがえります。
ただ、色がイエローかぶりで現像時に色々試してもどうも思い通りの色が出せず手放すこととしました。(バッテリーの持ちとか記録速度とか、まあ実用性にはほど遠くまさに趣味の領域の機材でしたので後継機を悩むことなく放出できました)
それと特筆すべきがモノクロ。このセンサーで記録したモノクロはとても魅力的でした。
今にして思うとモノクロ専用として残しておいても良かったと、たまに思ったりします。
Commented by MOTO at 2018-01-08 11:18 x
Web徘徊、いや巡回もできず、年末からの物欲シリーズ〜sdまで拝見させて頂きました。
それにしても、あふれるカメラ愛と申しましょうか( ´ ▽ ` )ノ

以前、dpシリーズを店頭でチェックした時「AF遅っそ(爆)」と感じましたが
オリのデジタルで楽しちゃってる故なんでしょうね。
(それでも上手く操作できなかったり、メニュー忘れてたりしてる次第です)

マイナス面を差引いても、表現したい色や階調があるというのが凄いと申しますか
やはりフィルム時代からカメラに慣れ親しんだ方には敵わないなあとも。

閑話休題
本年もよろしくお願いします。
Commented by M2_pict at 2018-01-08 22:34
Clearwater0606さん、実はサザンカの季節の後、何をどう撮ろうかと悩んでいたりします(^^;
Commented by M2_pict at 2018-01-08 22:39
bernardbuffetさん、「ついに」(^^;
なんというか、違和感を感じてしまうくらいの解像感というかシズル感というか。
そして色の難しさも早速感じています。
もちろん、モノクロでの表現力も大いに期待している部分ですが、考えてみれば私のモノクロって極端に少なかったりしますよね...。
流石に「サザンカ専用機」では冬しか使えなくなってしまいますので、今後の運用はしっかり考えていきたいと思います。
が、「趣味機」としての割り切りも大事にします(笑
Commented by M2_pict at 2018-01-08 22:47
MOTOさん、散文駄文見ていただき、ありがとうございます。
言い訳に終始していた感もありますが、いえ、うん、ちょっと酷かったですね(^^;

あのAFの遅さは、暗所でのE-1を思い出して懐かしさがこみ上げてきたものです(半嘘
M5IIの時は「よくぞここまで」と感涙でしたし(これも半
ただハッキリと異質なレベルの表現力はありますので、使う方としては頑張らねばいかんと思うところです。

ちなみにフィルムは本来ならピークを作るような時期に貧乏しててあまり使えず、さらにはオリも一眼レフから引いてしまって機材への志向も失せ、私は完全に引退モードでした(早

やや前のめり気味のマイペースですが、
本年もよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード