M2_pictlog

キビシロタンポポでお勉強

知ってるつもりで知らなかったという事は、私の場合よくあるのですが、、、。
例えばセイヨウタンポポ(帰化種)が自分がよく見かけるタンポポだという認識があり、またニホンタンポポ(在来種)というのがそのセイヨウタンポポに圧されて数が少なくなってるとも思ってはいたのですが、実際どれがニホンタンポポなのかは解っていなかったようです。
e0097970_11293945.jpg
e0097970_113001.jpg
OLYMPUS E-1, Zuiko 80F4.0 Macro, Auto 65-116
キビシロタンポポ(?)



今回アップした花は、どうやらキビシロタンポポと呼ばれるニホンタンポポ(シロバナタンポポ)の亜種のようで、「なんて花なのかなぁ、、、キク科とは思うけど、、、」などと思いつつ撮影していたのですが、それがタンポポだとは思いもしていませんでした(^^;
シロバナタンポポとの違いは、中央部分の黄味が強いのと背が低い事、花弁がやや立ち気味なことのようで、撮影時を思い出しつつ見比べると、これはどうもキビシロタンポポだと推定したわけです。自分の不勉強を反省しまくり(^^;

で、これを機会にこれまで撮影した野草(花)を調べてみたのです。

数回アップしている「オオイヌフグリ(オオイヌノフグリ)」は100年程前に帰化した種のようで、同じクワガタソウ属の在来種(といわれる)「イヌノフグリ」よりも大きな花をつけることから「オオ-イヌノフグリ」と言われるらしい。「オオイヌ-ノ-フグリ」ではないですね(笑
名前の由来は興味のあるところでしたが、これは花ではなく「実」の形がソレを連想するからのようです。なかなか立派(笑
洋名は“Veronica persica”というらしく、なんだかかっこいい(^^

同じく同種の「フラサバソウ(Veronica hederaefolia)」もやはり帰化種で、「オオイヌノフグリ」より小さな花で、かつ「毛」が多いようです。
この「毛」も、こんな寒い季節に生き延びるための知恵のようで、霜を直接葉等に当てないですむように生えているのではないか?という事です。
さすが雑草、かわいい花からは想像し難い程逞しいですね。

・・・

とりあえず今回のお勉強はここまで(^^
私が良く撮影していた黄色のキク科のものや他のものも、調べられたものから解る範囲で書いていこうと思います。

yy2828yyさん、また怖いのアップしちゃってごめんなさいm(_ _
by M2_pict | 2007-02-11 12:02 | OM 80mm F4.0 Macro | Comments(4)
Commented by yy2828yy at 2007-02-11 21:35
こんばんは。
確かに怖いですね・・特に下は、デビルマンに出て来た妖獣サイコニック・ジェニーみたいです。
いや、だからこそ造形的に面白いし、イメージはその特徴をよく捉えておられるのだと思います。
これみたいに(M2さんはかわいいなんて書いておられるけど)最初から来るぞ来るぞというのはまだいいのです。
怖いのは、オトナしそうな顔しててよく見たら、あ、ここにも、うわぁ、あそこにもある・・結局なんやコイツ!というのですね。
Commented by datian at 2007-02-12 07:25
なるほどなるほどと楽しく読み勉強させて頂いています。
シロバナタンポポは知っていましたが、キビシロタンポポは
知りませんでした。
身近な野草のしたたかで可憐な奥深い世界に感動しております。
Commented by M2_pict at 2007-02-12 20:29
こんばんは、お返事遅れすみません。
サイコニック・ジェニー、懐かしいですねぇ(^^
オトナしそうな顔でしたらホトケノザなどもその例でしょうか。
ちっちゃくてかわいいかも、って思ってぐぐっと迫ると、、、結構エイリアンです(^^
あれが大きかったら私も怖いのです。
Commented by M2_pict at 2007-02-12 20:33
datianさん、こんばんは。
私もたまたま調べてみたページにシロバナタンポポと並んでキビシロタンポポがあったので気がついたのです。そうでなければ「ニホンタンポポです♪」なんて調子の良い事を言っていた事でしょう(^^;

調べてみると意外な程在来種というのが少ないという事が解ってきました。他にもイロイロ「へぇ〜!」って思う事がたくさんあってびっくりです。
これからも野草は撮影していきたいので、身近なものくらいは覚えて撮影には臨みたいと思っています。
名前
URL
削除用パスワード