M2_pictlog

痛んだ花

綺麗な花は、それだけでも素敵です。
だからこそ、痛んだ花もまた良いのです。
e0097970_23281083.jpg
OLYMPUS E-1
OM-Zuiko 90mm F2 Macro



e0097970_23295198.jpg
e0097970_2330783.jpg
OLYMPUS E-1
OM-Zuiko 90mm F2 Macro

そしてそれを愛でる事のできるのが、
別のいのちを見つける事のできるのが、
ヒトというものだと思うのです。

撮るのは難しいですが、
それはきっと、美しい花を美しく撮るのも同じですね。
by M2_pict | 2007-06-07 00:24 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(8)
Commented by xoanon at 2007-06-07 06:47
花の美しさの終わりは、新しい命への始まりですよね。
そう思うと、終わってしまった花もいとおしく思えます。
何を美しいと思い醜いと思うかは見る側の心の反映でしかないのでしょうね。
Commented by chinpike at 2007-06-07 18:07
ワタシはどちらかというと、綺麗な花を綺麗に撮るのは苦手です。
たぶんそれはほんとうに花が好きではないこと。
あくまでも被写体と見てるからだと思います。
ただ、朽ちていこうとする花には少々の愛おしささえ覚えるので撮影時にも気持ちが乗ります。
ワタシとは異なるアプローチが新鮮です。
Commented by tarzan555 at 2007-06-07 22:05
M2 さん、こんばんは。
植物が花を付けるのも、子孫繁栄の中では一瞬の出来事。
芽を出して、種子を落として次の命に繋げる・・・
そう考えると、散り行くこの時が花としては一番輝いている時なのかも知れないですね。
ラストの写真は、一番好きです。
Commented by aki-aky at 2007-06-07 23:10
こんばんは。
花の写真は、痛んでいない綺麗なものを・・・というのが一般論ですが綺麗な姿だけが花の写真ではないと思うのでこういうアプローチは賛成です。
枯れゆく姿、落ちゆく姿には侘び寂を感じます。
綺麗に咲いた花だけじゃない、痛んでいても精一杯咲いている、というのは人間社会にも通じることなのではないかと思います。
Commented by M2_pict at 2007-06-08 00:58
xoanonさん、見る側の心の反映、、、そうなのでしょうね。
実は怖かったりして撮れない対象がたくさんある私です(^^;
いろいろなアプローチがあると思うのですが、
なにせ様々なものを「撮りたい」と思う、
新鮮な感動を忘れないようにしたいです。
Commented by M2_pict at 2007-06-08 01:03
chinpikeさん、私も本当に花が好きかというと、ちょっと自信なし(^^;
ただ、今は少なくとも興味を強く持つ対象である事は間違いなく、
できれば今後もじっくりと取り組んで行けたら、、、
撮影していけらた、、、いいなぁって思ってます。

朽ちていくものをきれいに、、、というのは難しいかもしれませんが、
そこになにか意味を見つけてみたいと、、、そう思います。

そうそう、この記事そのものがchinpikeさんの記事を見て急遽アップしたものでした;汗
トラバするつもりでコロっと;瀧汗
、、、人それぞれのアプローチは、見ていてとても楽しいですね(^^
Commented by M2_pict at 2007-06-08 01:12
tarzan555さん、こんばんは。
どんなアプローチが私にできるのか、まだまだ難しいと思うのですが、
> 一番下が、、、
という言葉にも力を得て、がんばりたいと思います(^^
Commented by M2_pict at 2007-06-08 01:15
aki-akyさん、こんばんは。
「花写真」は、おっしゃるように綺麗に撮るのが王道だと思いますね。
ただ、考えてみれば私の撮り方というのは、ポートレートの感覚が入り交じります。
となると、人物ポートレートには、老若男女いろいろと、、、(^^
そんな感覚で、今後も「花」も撮っていけたら、、、ちょっと楽しいです♪
名前
URL
削除用パスワード