M2_pictlog

光へ向けて

この日、私はしつこかった(笑
e0097970_0164330.jpg
OLYMPUS E-1
OM Zuiko 90mm F2.0 Macro

やや暗い場所で90F2の開放手持ちは非常に辛いものがあるのですが、(ピント極薄、手振れ凶悪、フォーサーズではやや甘い描写)ダメもとで撮りまくります。そのクセ、普段のフィールドでの撮影時の液晶画面での確認は、これまでも何度が書いていますが、せいぜい撮影後の一瞬のプレビューをチラと覗くくらいなのです。

2/27日付の那和秀峻氏のDIARYのページ「徒然なるままに」で、E-3の2軸式液晶モニタによる副次的効果の記述がありました。詳細はリンク先の記事を読んで頂きたいのですが、要は「自分の好みで液晶モニタを閉じてしまえる」というのは面白い」という事です。

LV(B)の楽しさはじっくりとピンを追いつめつつ作画していく事にあると思うのですが、その際は液晶画面は必須であり、現状に2.5インチより大きくより高精細であれば良いと思います。
一方で、私の通常の撮影では、液晶画面はE-1の1.8インチで充分以上なのです。E-1の1.8インチ液晶画面と、拡大が4倍までというスペックでは、詳細なピントの確認など無理という現実はあるものの、本質的な理由は、やはり那和氏の上げられている理由とほとんど同じです。
違うのは、「私は自信があって液晶画面を見ない」のではない、、、と言う事ですね(^^;
by M2_pict | 2008-01-29 00:50 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(6)
Commented by ふらまん at 2008-01-29 18:51 x
オイラもあまりモニタ見ませんね。
なんでだろ?
ってか、最近さわってナイやぁー。
Commented by yy2828yy at 2008-01-29 22:05
確かにLiveViewの良さはあります。
ただ、常に隔靴掻痒感が残ってしまうのですね。
液晶ディスプレイを見ながら・・というのは、
やはりダイレクトでないからでしょう。
覗いて撮る・・というスタイルに固執しすぎているとは想うのですが。
Commented by aki-aky at 2008-01-29 23:56
いい色ですね~。
しかも背景すっきり優しい描写。
私は結構撮るたびに確認してしまいます。
4倍でもピントがあっていないと分かる事が良くあるので。。(^^;
露出は少し違っても何とかなりますがピントはどうにもならないのです。
なのでOMで撮った時にも裏蓋を見てしまいます・・・
Commented by M2_pict at 2008-01-30 09:24
ふらまんさん、カメラ多すぎ、種類もね♪
私もOM-1の裏蓋見てしまい、ジワっと汗してたりしますが(^^;
Commented by M2_pict at 2008-01-30 09:29
yy2828yyさん、覗いて撮る楽しさや感覚はとても大事にしたいですね。
一方で、おっしゃるような感覚を覚えつつも
E-330のLVを使う気持ちになっているのは、
その覗いて撮るのとはまた違った撮り方をする事があるからだと思います。
あとは「道具に慣れる」という面もありますが(^^
せっかくのオリンパスの歴史的名機(迷機?)でもあり、
なんとか使い込んでみたいという思いもあります。
、、、E-3どうしましょ、、、(^^:
Commented by M2_pict at 2008-01-30 09:34
aki-akyさん、ありがとうございます。
ちょっと強引に撮ったものでしたが、こういうの、好きです(笑
そうそう、4倍ピンでも「ダメだ、、、」というのは多いですね;汗
手持ち撮影がメインのためでしょうか、被写体が自然のものだからでしょうか、
基本としてワンショットというのが大きいと思います。
名前
URL
削除用パスワード