M2_pictlog

2017年 02月 04日 ( 1 )

M645 *2

e0097970_22590513.jpg



【 Mamiya 645 1000S / SEKOR C 55-110mm F4.5 N 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 60mm F2.8 Macro





持ち帰りのセット一式。

【 M645 1000S 】
 M645比1/1000秒まで拡張された電子式シャッター、ミラーアップ、セルフタイマーが追加されてるとか。
【 AEプリズムファインダー 】
 正式名称は調べてませんが、後期のもの。絞り優先撮影が可能。先日のテストの結果AEは生きてます。
【 MAMIYA-SEKOR ZOOM C 55-110MM F4.5 】
 35mm判の望遠ズームにも似た雰囲気の単体で800gあるらしい「標準」ズーム。Nもポイントでした。

いやもう実に「重い」セットですが、ジャンクのような値段に合わないすこぶる付きの美品な上に小気味のいいクランクとシャッターの感触にやられてしまいました。

試写の結果、感覚としては35mm判SLRを使っている感覚に近いものがあったように思います。
同じマミヤのTLR、Cシリーズを使っている感じとも、同じくブローニーのSLRであるBRONICAとも違う感触がありました。
それは645フォーマットの画面比率なのかも知れませんし、プリズムファインダーのソレか、はたまたAEまで積んだ機能性なのか。

個人的なイメージよりは随分と新しい(1976年発売)ボディなんですよね。
古典的な機種をいたわるように使うのではなく、実用機としてガンガン使う事が出来そうなのもポイント。
そういうところも、もしかしたらMAMIYAっぽいのかも知れないなどと思いつつ。



 

by M2_pict | 2017-02-04 09:30 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(8)