M2_pictlog

2017年 10月 17日 ( 1 )

S-Plaで秋桜 *2

e0097970_21465376.jpg

【 秋にそよぐ *2 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





仄かに秋の気配のする背景と、まだ少し強い光。

***
私のS-Planar60mmF2.8ですが、手に入れるにあたり調べたところ、S-Plaとしては後期のものらしいです。
S-Plaは全て独製ということですが、そのバリエーションは大きく3つほどあって、最初期のものが鏡筒内に内面反射防止の為の凝ったテレスコピック構造を持つもの。中期はその構造がなくマウントが黒色のもの。後期はマウントがシルバーとなり、名称(S-Planar)と製造国以外はほぼ日本製に移行したMakro-Planarと同等という事です。

ともあれ、60mmという実焦点距離の等倍マクロというのはかなり使い出のある性能で、例えば私のいつもの撮影であればRXに付けても標準域で等倍まで寄れれば倍率に不足を感じるような事はありません(むしろブレとSSが...)し、フォーサーズ(含マイクロ)であれば、マウントアダプタ以外にはアタッチメント類も不要で2倍という私的にはオーバースペックにもなるスーパーなレンズとなります。
更に言えば、ピントリングの回転方向がOMと同じ(絞りリングは逆ですが)というのもストレスがありません。
おかけで、ウチに数多あるマクロレンズの中でも十分に個性を感じられますし、存在意義も大きいのです。
えぇ、大きいのでありますよ。



 

by M2_pict | 2017-10-17 22:46 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(0)