M2_pictlog

カテゴリ: OM series ( 44 )

朱に交われば赤...

e0097970_23255208.jpg

【 カマキリ 】

 OLYMPUS OM-4Ti Black
 OM ZUIKO 100mm F2
 FUJIFILM RVP100


 Digital Dupe
 OLYMPUS E-M5 Mark II / LUMIX G 30mm F2.8 MACRO





ポジをデジタル化する過程で設定をいじっていてミスった分から1枚。
流石にRVPとはいえ、ここまで赤くはありません。



 

by M2_pict | 2017-11-06 23:45 |  OM series  | Comments(0)

アサギマダラをフィルムでも

e0097970_20345556.jpg

【 アサギマダラの気配 】

 OLYMPUS OM-4Ti Black
 OM ZUIKO 100mm F2
 FUJIFILM RVP100


 Digital Dupe
 OLYMPUS E-M5 Mark II / LUMIX G 30mm F2.8 MACRO





S-PlaとRXで撮ってからというもの、チャンスを狙っていたのがこのコンビ、OM-4TiBlackとZUIKO100mmF2。
いや、本来的には90か50のマクロを持ち出すべきところですが、まぁたまたま。
そしてそのたまたまにアサギマダラを当てるというのに、不思議な引きの良さを感じながら。

100mmでありながら70cmという最短撮影距離の短さが魅力のひとつで、アサギマダラのような大型の蝶であればマクロ不要の汎用性があります。
ただ、ここまで寄るのが分かっていれば90マクロの方を選ぶべきなのですが、全体の雰囲気を美しくまとめるのは100mmの方だったなぁと、結果をライトボックスで見ながらニマニマしていました。



 

by M2_pict | 2017-11-04 22:44 |  OM series  | Comments(4)

これだけ使えれば

e0097970_22360170.jpg



【 タテハモドキ 】

 OLYMPUS OM-4 Ti BLACK
 OM ZUIKO 90mm F2 Macro
 FUJIFILM RDPIII

 Digital Dupe
 OLYMPUS E-M5 Mark II
 LUMIX G 30mm F2.8 MACRO

 



こちらと同日撮影のフィルムから、同じくハイレゾデュープ。
これだけ使えれば、フィルムでの撮影はもっと増やしていいかも。

とか思ったものの、実際にやるとなると、正直マクロは敷居が高い。




 

by M2_pict | 2017-02-12 09:58 |  OM series  | Comments(4)

135判でもハイレゾ

e0097970_09132251.jpg


【 ツマグロヒョウモン♀ 】

 OLYMPUS OM-4 Ti BLACK
 OM ZUIKO 90mm F2 Macro
 FUJIFILM RDPIII

 Digital Dupe
 OLYMPUS E-M5 Mark II
 LUMIX G 30mm F2.8 MACRO

 



昨年秋の撮影分からハイレゾデュープ。
ネガは実績不足で一概に言えませんが、ポジは効率込みでなかなか良好な結果。
これならさらに小さなハーフにも期待できそうです。




 

by M2_pict | 2017-02-08 07:40 |  OM series  | Comments(4)

今季のパワースポット

e0097970_9482783.jpg

【 木道に溢れるミゾソバとツマグロヒョウモン 】

 OLYMPUS OM-2N
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro
 KODAK EKTAR100


 FUJICOLOR CD



この秋は、この場所でばかり撮った気がします。
例年ミゾソバが群生する場所ですが、ここまで張り出すような事はなかったかな。
しゃがんでも冷たくない木道ですから、(人目さえなければ)ホフク撮影も満喫できますし、しゃがんでじっくりタイミングを待つのもやりやすいんです。
何度となく充電させてもらいました(^^

•••
年数本くらいでしょうか、135ネガでのマクロ撮影。
家族を撮るのにはネガもかなり使いますが、マクロではプリント(もしくはデジタルデュープ)のワークフローが安定せず、撮影に至る気分がなかなか。
しかし、“いつまでも あると思うな、親とフィルム”です。
撮らない事には残りませんし、フィルムもナマモノ、持っているだけではムダなんですよね。
by M2_pict | 2014-11-05 10:00 |  OM series  | Comments(4)

秋はフィルムで

e0097970_9875.jpg

【 紅を見渡すキタテハ 】

 OLYMPUS OM-4Ti BLACK
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro
 FUJI RDPIII


 Digital Dupe : SONY NEX-5N / E30mm F3.5 Macro



こちらも毎年の恒例、ケイトウの花とキタテハ。
雰囲気のある組合せとして好物なんです(^^

・・・
沸々とOMのファインダーで撮りたくなって、それも機動的にガンガン撮りたかったので、久しぶりにワインダー2を付けた4TiBを持ち出して、一気に1本撮り終えました。
動作音の大きなワインダー2ですが、次々とシャッターを切っていく上では、いいリズムを与えてくれるアイテムです。単三4本駆動という点が結果的に製品寿命を伸ばしてくれていて、コントロールパックがニッカドのモータードライブ2は既に現役引退なのですが、こちらは未だ現役バリバリのよい機材。
ウチのOMのほぼ全てで使い回しできますし、お安いですし(^^;

 ※ 使用フィルムを、当初RAIIIとしていましたが、実際にはRDPIIIでした。(修正済)
by M2_pict | 2013-11-29 09:23 |  OM series  | Comments(6)

#2000

e0097970_10564785.jpg

【 葦の葉とオオカマキリ 】

 OLYMPUS OM-4Ti BLACK
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro
 FUJI RAIII


 Digital Dupe : SONY NEX-5N / E30mm F3.5 Macro



> M2_pictlog、1000本目の記事のようです。
多いような少ないような、早いような短いような。
単なる経過点でありながら、やはりそれなりに感慨深いものもあったり。

、、、という書き出しでエントリーしたのが1000本目のエントリーでした。
2000本目のこの記事も変わらない感じですね。
進歩のない事で(^^;

1〜1000〜2000〜
by M2_pict | 2013-10-08 21:26 |  OM series  | Comments(12)

発掘されたスライドから *2

e0097970_22313149.jpg

【 何時か何処かで *2 】

 OLYMPUS OM-4
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro
 FUJI RHP


 Digital Dupe : SONY NEX-5N / E30mm F3.5 Macro



もう一枚、前回発掘したマウントフィルムから、これでとりあえず最後。
たまたま同じ機材に似たようなハイキーカットですが、おそらく日時も場所も異なるものです。
そして選んだのも偶然。

当時ボツカットにしたものかと思われますが、こうやって小さなサイズであれば楽しめるかな?と思えるのは、歳とともに感じ方や捉え方もちょっとずつ変わってきているのでしょうか。
それとも、当時あった感覚を今拾い出しているのか、、、。

それにしてもフィルム、、、IIじゃないしIIIでもない。
古いね(^^;
by M2_pict | 2013-03-09 23:13 |  OM series  | Comments(0)

発掘されたスライドから

e0097970_1051648.jpg

【 何時か何処かで 】

 OLYMPUS OM-4
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro
 Kodak PRP


 Digital Dupe : SONY NEX-5N / E30mm F3.5 Macro



先日仕事の資料を探してた際に出てきたスライドマウントの山。
全て、ひと昔以上前のものではないかと思われます。
しかしまぁ、、、泣けてくるほどくだらないカットの山。
なんか辛そうに撮ってるし(^^;

そんな中、拾い上げてみたひとつをデジデュープしてみました。
by M2_pict | 2013-03-07 10:21 |  OM series  | Comments(2)

デジタルデュープ *3

e0097970_8471313.jpg

【 ハナニラ 】

 OLYMPUS OM-4Ti BLACK
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro
 FUJI RDPIII


 Digital Dupe : SONY NEX-5N / E30mm F3.5 Macro



フィルムの優しさと厳しさを噛み締める1枚。
こちらも前回と同じ1本の中、最初の1枚。

デュープの様子他オリからのお知らせなど、、、
by M2_pict | 2013-02-22 09:19 |  OM series  | Comments(2)