M2_pictlog

カテゴリ:Tokina 300mm F6.3( 20 )

ダイエットしたい

e0097970_20253284.jpg

【 ムラサキカタバミ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Tokina 300mm F6.3 Reflex





小さくて軽くてちょっと特殊なレンズ。
鞄の隅に入れておいて、いざと云う時に使えると嬉しいもの。
そんな感じで、駐車場の脇でゴソゴソと。

***
ダイエットしたいのは私ではなく、私のSNS。

ずっと登録だけしてる感じのfacebookですが、こちらは閉じる訳にもいかずそのまま。
Twitterはマイクロブログ(なんだか懐かしい響き)として活用中。
昔exciteにも“つぶろぐ”なんてありましたが、そんな感じでしょうか。
インスタはその画像置き場として使ってきましたが、ここのところ全く閲覧できない状態になっていたので、暫し離脱を決めました。
LINEは長らく拒否ってましたが、ここ数年、限定的な感じでごく一部の連絡用に使用中。
そして他にも山ほどの取っただけアカウントが転がってます。
もはやログインすらできないかも。
皆さんは上手に付き合われていますか?

いや、もちろん普通にダイエットも考えなければならないお年頃なんですけど(^^;




 
by M2_pict | 2016-06-04 22:25 | Tokina 300mm F6.3 | Comments(9)

かすみの除去 その2

e0097970_9384424.jpg

【 食事中のイナゴ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Tokina 300mm F6.3 Reflex





焦点距離の長い玉の場合、遠くにいる相手を撮るには良いのですが、くさむらの中の相手の場合のように、手前にある草などを避けようがなくて困る事も多多かったりします。
今回のように敢えて入れてしまう事も多いので、一概に悪いばかりでもないのですが。

RAWそのままストレートではあまりにも眠い画像でもあり、それなりに手を入れてしまっている画像です。
基本的にはコントラストを上げてシャープネスを強めにするのですが、色の変化を抑えつつとなると意外に面倒だったりして、、、。先日もご紹介していた“かすみの除去”も使いましたが、これも僅かな量に抑えておかないと、どうしても違和感のある画になってしまいます。
ほどほどにしておかないと、せっかくのレフレックスレンズの個性も消えてしまいますね。
by M2_pict | 2015-08-26 06:13 | Tokina 300mm F6.3 | Comments(2)

かすみの除去

e0097970_2315534.jpg

【 木道の縁に休むオオシオカラトンボ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Tokina 300mm F6.3 Reflex





LRの現行版の現像モジュールに“かすみの除去”というパラメータが追加されているのですが、今回はそれを最終的なコントロールに使ってみています。

用例としては、逆光時などで画面に生じたフレアなどを除去するのに効果的らしい機能ですが、逆にすると軽くフレアっぽい画像にする事もできる、実に安直(?)なもの。しかし、それっぽい画にするのに効果的でもあるし、なかなか面白いとは思っていました。
で、以前に少し試してみて「そのうちやってみよう」と思っていたのが、レフレックスレンズの画像に応用してみたらどうだろうという事。

先の一枚などはむしろ使わない方が良いという判断だったのだけど、こちらはあえて積極的に使ってみました。
頼る気にはならないけど、場合によっては十分に有効だと思えますね。
ポイントは“最後のひとふり”として用いる事、でしょうか。
by M2_pict | 2015-08-18 08:00 | Tokina 300mm F6.3 | Comments(2)

苦手意識と個性

e0097970_16321992.jpg

【 キタキチョウ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Tokina 300mm F6.3 Reflex





蝶撮りで苦労する事でもあり醍醐味でもあるのが、蝶との距離を詰める事。
ところがこのレンズだと、その苦労がかなり緩和され、お気軽な感覚で撮る事ができます。
このキタキチョウも、中望遠レンズではひと苦労したんではないかと思うような活発さだったのですが、距離を取って観察してサクっと切り取る事ができました。

ただ、一筋縄ではいかないレンズの筆頭でもあります。
ミラーレンズ独特のボケはともかく、ブレを完全に抑え込みながら正確なピントを得るのは、相手がなかなかじっとしてくれない事もあってなかなか至難。

そんなこんなで苦手意識が先行してしまいますが、独特の描写は捨てがたいものを感じています。
by M2_pict | 2015-08-16 21:20 | Tokina 300mm F6.3 | Comments(4)

新しき隣人

e0097970_16555798.jpg

【 庭石菖の心象 *1】

 OLYMPUS E-M5
 Tokina 300mm F6.3 Reflex





苦節ン年。
ついにウチにもニワゼキショウが咲きました!
何処からかやってきて、勝手気ままに咲いてくれたものです。
うれしくてニマニマ(^^

昨年はソレと気付かず、だいぶ抜いてしまっていた気がします(^^;

もう一枚、、、
by M2_pict | 2015-05-06 23:32 | Tokina 300mm F6.3 | Comments(6)

レフレックスで桜

e0097970_21323027.jpg

【 桜朧 】

 OLYMPUS E-M5
 Tokina 300mm F6.3 Reflex





思いのほか、桜の色気を感じられて。

・・・
このレンズ、気楽に構えられるサイズと軽さですが、ひとたびファインダーを覗くと、そうもいかなくなりますね。
どうしても出てくるミラーの限界とクセ。
そういったコトも含め、落とし込んでいくのが楽しくもあるのですけど。
by M2_pict | 2014-04-04 08:19 | Tokina 300mm F6.3 | Comments(4)

ならし

e0097970_10551448.jpg

【 頂点の花:山茶花 】

 OLYMPUS E-M5
 Tokina 300mm F6.3 Reflex





寄れるレンズですが、やはり引いた方が自然に使える気がします。
これで引きの練習して、OMでの500mmをもうちょっと使えるようになりたいという野望も。
あのレンズは全然寄れないんです。
あっ、と思ったら2、3歩飛び下がる必要があって(^^;

・・・
撮れないストレスが溜まってきていますが、今週末には脱出できる予定です。
BRONICAも帰ってくるといいなぁ、、、。
(あのバシャコーン!ってシャッター音、意外とクセになりますw)
by M2_pict | 2014-02-06 11:07 | Tokina 300mm F6.3 | Comments(2)

こうでなくちゃ

e0097970_8523848.jpg

【 影と:山茶花 】

 OLYMPUS E-M5
 Tokina 300mm F6.3 Reflex





「鳥を撮るんじゃなかったんかい!」と独りボケツッコミしながら、、、

・・・
今日はなかなか冷えています。
ここ数日が異常とも言える暖かさでしたしね。
こうでなくちゃ♪

撮影も出来てないというのに、こう暖かいと蝶もでてきちゃいますよ(^^;
by M2_pict | 2014-02-05 08:57 | Tokina 300mm F6.3 | Comments(0)

ハイリスクだけど

e0097970_8533543.jpg

【 アオモンイトトンボ 】

 OLYMPUS E-M5
 Tokina 300mm F6.3 Reflex




先の記事の撮影と同日、すぐ脇で撮ったアオモンイトトンボのメス、かな。
胸部のオレンジ色に惹かれて寄ってみたのだけど、腹部の光沢感のある緑がとても美しかった。

苦もなくここまで寄れるのは有り難いけど、OKカットの少なさにはメゲそうになります。
ピンボケ、ブレとの戦い、そして極狭の画角故、フレーミングそのものが大事(おおごと)。
このカットも、シャープネスをミラーレンズ用として強めにかけてるから、、、。
まぁそもそも “600mm相当という反則的なマクロレンズ” を手持ちしてるのだから、当然というところ(^^;
ちょっと独特な質感描写が面白いのです。
by M2_pict | 2013-07-24 09:11 | Tokina 300mm F6.3 | Comments(4)

今森光彦の世界展

e0097970_21535862.jpg

【 アオモンイトトンボ 】

 OLYMPUS E-M5
 Tokina 300mm F6.3 Reflex




下の展示会を観た後、すぐそばの小川にて、子どもと一緒に撮影したもの。

普通だったら望遠マクロは諦めなければならない状況。
そんな時でも躊躇なく持ち出せるこのレンズの小型軽量っぷりは、やはり有り難いですね。
難しいコトに変わりはないのですけど(^^;

・・・
今森光彦の世界展”が九州芸文館という場所で開催中です。
田舎に引きこもりっぱなしの私などにとっては、滅多に無い機会。
張り切って(子連れで)行ってきました。
(展示会+スライドトーク+サイン会)

ご自身初めてと言われる「里山」と「いきものがたり」「ペーパーカット」の3テーマを一堂に展示するという大掛かりなもの。
田舎ならでは、でしょうか。広々とした展示スペースを存分に使った、なかなかにスケールの大きな展示で、氏の世界観を堪能できた気がします。

場所は九州新幹線、真新しい駅のすぐ脇。
かなりゆったりとした環境で鑑賞できますので、オススメです。
滅多に無い田舎発の情報でした(笑
by M2_pict | 2013-07-21 22:12 | Tokina 300mm F6.3 | Comments(4)