M2_pictlog

カテゴリ:NOKTON C 40mm F1.4( 10 )

市井のもみじ

e0097970_21542973.jpg

【 もみじ狩り *15 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 VOIGTLÄNDER NOKTON CLASSIC 40mm F1.4 MC





まだ若い木なんですが、小さいながらもなかなかに魅せてくれるものです。
銘木大樹も見事で惚れ惚れしますが、こうした身近なところにも良いものはあるのだと思うのです。
こうして切り取ってしまえば市井も何もあるまい、と言われれば、それはその通りですが

***
さて、気がつけば来週は大河も最終回とか。
いつまでも「秋」を楽しんでもいられないのかもしれませんし、もみじ狩りもここで一区切り...とはいかず、次からフィルムからのものを中心としてみます。
あと少しばかり、ご了承ください。



 

by M2_pict | 2017-12-10 22:05 | NOKTON C 40mm F1.4 | Comments(2)

タッチ

e0097970_08423313.jpg

【 もみじ狩り *14 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 VOIGTLÄNDER NOKTON CLASSIC 40mm F1.4 MC





「開放」
この場合、レンズの絞りを開けた状態の事。
私などはいわゆる「開放バカ」を自認するところですが、割と最近は絞る楽しさ...というか描写の変化を楽しめるようになってきたかもしれません。
開放バカはクビですね。

最新のレンズでの「開放」は、以前のような意味合いは少なくなってきましたが、良い意味で文字通りの絞りによるコントロールに集中できる感はあります。
一方でこのNoktonなどは、それに加えて「描写」そのものに「変化」が加わるのが楽しいというか悩ましいというか。

今回の一枚は開放でのもの。
先の一枚がF2~F2.8くらいのものでした。
開放は少し神経質なところがありますし捉えようによってはクラシカルなのかもしれませんが、私的には少し画にタッチが生まれるのを面白く感じています。

【追記】
今季1枚目のこちらが中間絞りイメージ「F5.6付近」
今期2枚目のこちらがちょい絞りイメージで「F2~2.8くらい」
で、今回が「開放F1.4」です。



 

by M2_pict | 2017-12-09 08:51 | NOKTON C 40mm F1.4 | Comments(4)

絞り優先

e0097970_22273650.jpg

【 もみじ狩り *13 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 VOIGTLÄNDER NOKTON CLASSIC 40mm F1.4 MC





「絞り優先」
私はAモード、いわゆる絞り優先モードが主たる撮影モードで、全体の7〜8割ほどになるでしょうか。
PSM他使いますが、それぞれたまに、特定用途になる感じです。
フルマニュアルのフィルム機材でも、設定の軸は絞りのようですし...。
どうしてもピント面のコントロールに主たる撮影の楽しさを見出しているのかと思います。

それに加え、最近では絞りによる描写性能の違いも楽しくなっているようで。
そういう意味ではこのレンズなどはその筆頭と言えるかもしれません。
今回の一枚は少々絞った画ですが、解放F1.4もほぼ同等の構図で撮っています。
ファインダーで詳細を確認しながら...ではありませんが、いろいろ想像しながら後の確認も楽しむ感じです。
期待どおりの描写、予想を裏切る効果、勘違い?などなど。



 

by M2_pict | 2017-12-07 22:52 | NOKTON C 40mm F1.4 | Comments(2)

偶然と必然

e0097970_21262882.jpg

【 もみじ狩り *12 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 VOIGTLÄNDER NOKTON CLASSIC 40mm F1.4 MC





桜ほどではないにせよ、紅葉もピークはそう長くもないというのは実感するところです。
そうそう器用にレンズやカメラをひっかえ取っ替えできない身としては何かと欲をかいてアレコレ使おうとして焦るものの、自ずと限界も。
それだけに使うレンズを選ぶのは悩むところなんですが、実際には「撮れた時に持って出ていた機材で撮る」という。
このレンズも久々ですが、これで撮ったのはかなりの偶然。

できれば必然だったという結果になれば嬉しいのですが。



 

by M2_pict | 2017-12-06 22:20 | NOKTON C 40mm F1.4 | Comments(0)

CLOSE-UP LENS

e0097970_10235310.jpg

【 林の中で:山茶花 *3 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 
VOIGTLÄNDER NOKTON CLASSIC 40mm F1.4 MC
 MARUMI CLOSE-UP LENS MC +1





気温の下がったこの日、暗い林の中で切り取った山茶花。
まだ傷んだ花は少なく、これからの蕾が目立った。

***
割り切って手に入れて、そういう割り切りも含めて楽しむタイプのレンズだと思っているのですが、こうして一手間かけてもみたくなります。

クローズアップレンズは、カメラを始めた頃に標準レンズしか持ってなくてマクロレンズなんか買えないという状況に対処するために入れたものでしたが、描写は悪くなる(開放では、当然)、絞れば暗くなるという当然のジレンマに悩み、生来のぶきっちょさにより取り付けがひたすら面倒で嫌になるというパタンで、マクロを入手してからはほぼ使った事がありませんでした。
なのに、ほぼこのレンズ専用になるであろう口径のクローズアップレンズを改めて入手。
当然デジタルでの利用オンリーにはなりますが、このレンズを持ち出す時は鞄に一枚潜ませておくのもいいかと。



 

by M2_pict | 2016-12-10 11:20 | NOKTON C 40mm F1.4 | Comments(8)

安静と反省

e0097970_22592199.jpg

【 紅葉狩り *6 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 
VOIGTLÄNDER NOKTON CLASSIC 40mm F1.4 MC
 



新しいレンズを使うのは儘ならぬ事も多いのだけど、やはり試してみたくなる事が多いのは悪いこととも思えず。
こうして楽しんた記憶は後々の引き出しとなってくれる事も多い。

、、、と、いいな。



 


反省と安静と、、、
by M2_pict | 2016-12-03 23:09 | NOKTON C 40mm F1.4 | Comments(10)

ふわっとキリリと

e0097970_22281368.jpg

【 紅葉狩り *4 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 
VOIGTLÄNDER NOKTON CLASSIC 40mm F1.4 MC
 



風が強く、マクロ撮影のほぼ一切を諦めて帰る間際。
名残惜しく振り返ったそこにあった紅葉を。

***
F5.6か8に絞ったNOKTON CLASSIC。
こうした少しキリッとした画にしたい時にも合わせてくれる面は確かに感じられます。



 

by M2_pict | 2016-11-27 10:28 | NOKTON C 40mm F1.4 | Comments(2)

駆ける秋

e0097970_10373067.jpg

【 紅葉狩り *3 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 
VOIGTLÄNDER NOKTON CLASSIC 40mm F1.4 MC
 



今年の秋もまた駆け抜けるように過ぎていく。

今朝は天気も良く、短時間でも、、、と思っていると、急ぎ仕事で身動きならず。
ようやく昼時に時間を見つけると、今度は唸り音が出るような強風。
しかも秋の軽装で出かけていた私は「寒い、、、寒い」。
また暖かくもなるだろうとは思うものの、それは冬の中の事になるのかな。






解放での1枚を追加しておきます、、、
by M2_pict | 2016-11-24 22:42 | NOKTON C 40mm F1.4 | Comments(2)

First impression

e0097970_23513652.jpg

【 紅葉狩り *2 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 
VOIGTLÄNDER NOKTON CLASSIC 40mm F1.4 MC
 




最初の印象が良いレンズというのは良いレンズ。
これはちょっとずるい言い方。
しかし、これが逆だといささか辛いのも事実。
もちろんこのレンズは前者でした。

***
小一時間撮ったくらいでその個性や使い勝手をどうこうは言えませんが、巷で言われるように、絞りの違いによる描写の違いは割に明確に出る感触はあります。

開放では柔らかく、、、とは良く言いますが、収差の大きさによる影響をより強く感じました。
これは解放時のピント面でもわかりやすいのですがボケの描写も強烈で、解放F1.4でのボケはエッジが立つ傾向がありますし独特の質感があります。暴れると言えば良いでしょうか。ところがここから一段絞るだけでとても素直なボケに変質します。とても美味しそうな印象。
M-ROKKOR 40mmでもそういった傾向はありますが、そこはF値が一段大きい事もあってか設計思想の違いか、明らかにより強めに出ている気がします。

最短撮影距離が10cm違うのも、私の使い方だと大きく感じられます。
また存外重さの違いもあって、見た目以上に間違いのない差を感じます。

...なにやら「併用していける言い訳」を並べているようにも見えますね。



 

by M2_pict | 2016-11-22 08:15 | NOKTON C 40mm F1.4 | Comments(4)

新レンズ試写は紅葉メインで

e0097970_23105671.jpg

【 紅葉狩り *1 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 




新レンズの試写にかこつけて紅葉狩りのひととき。

***
フィルムでの試写はロール途中からの割り込みで数枚だったので実力は不明。
デジタルの方から出していきます。
どちらにせよ、想像通りの部分とそうでない部分とがあってなかなか楽しい。
ちなみにこの1枚は解放にて。

とりあえず1枚。
次回は回答編。
その後数枚をエントリー予定。
いつものように(いけずと言わず)楽しんで頂ければ。



 

by M2_pict | 2016-11-19 23:33 | NOKTON C 40mm F1.4 | Comments(4)