M2_pictlog

カテゴリ:G 30mm F2.8 Macro( 22 )

XAの熱量

e0097970_08481470.jpg



【 OPEN THE BARRIER : XA 】

 LUMIX DMC-GM5
 LUMIX G 30mm F2.8 Macro





コロンコロンとした黒い小さな箱のバリアを開くと、それまで隠されていたレンズ、ファインダー、ASAレバー、ピントレバーが一度にスリットから顔を覗かせるというギミック。
こうして細部を確認するとかなり本格的な雰囲気もあり、単なるプラカメではない事が知れます。

カメラをいつも持ち歩くという事を最大限に具現化しようとした、その熱量のようなものが伝わるのです。




 

by M2_pict | 2017-02-23 09:15 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(6)

新機材はZOOM...M

e0097970_09513263.jpg


【 とあるZOOMの距離指標 】

 LUMIX DMC-GM5
 LUMIX G 30mm F2.8 Macro





デジのズームはキットズームを含めて3本。
フィルムのズームはOMの65-200mm1本だけ。
そのくらいズームは苦手な私が珍しくまたズームを手に入れました。
理由は、、、



ボディキャップがなかった、、、。



 


もう引っ張りません、、、
by M2_pict | 2017-01-30 23:24 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(2)

物欲の顛末2016

e0097970_18470278.jpg


【 2016新機材 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Lumix G 30mm F2.8 Macro






今年はカメラ関連は手を出さず、、、とか思っていたのです。
ところが年末のE-M1MKIIを見送るのと前後してボロボロと。
それもかなり偏ったと言うかバラけたというか。
あと、年始にも手元にやってきたものもあったのを思い出してあたふた。
そんなこんなで結局今年もそれなりに物欲にまみれた一年だったという事のようです。

ちなみに、昨年末の「物欲の顛末2015」。
一昨年は入れ替わりの激しい内容でしたが、2015の分は全て手元に残っています。
広くない防湿庫のやり繰りが例によっての悩み、、、。

左奥から時計回りに。

【 minolta XD / MC ROKKOR-PF 50mm F1.7 】
XDそのものは一昨年末でしたが、レンズが1月になってからでした。
ファインダースクリーンにやや汚れがあるのが残念ですが、実用上は大きな問題にはならない程度。
むしろ視度補正のない事でメガネ前提でなければ気持ちよくないのがネックで、もう一つ使えていないコンビになっています。
しかし、思えばこれが50mm標準レンズを見直していくきっかけだったような気もします。

【 Super-Takumar 55mm F1.8 】
数年前に Super-Macro-Takumar 50mm F4 を手にし、昨年28mmF3.5までも入れていたものの、KXを使うには明るい標準レンズが欲しくなり、初めて積極的に“探して”手に入れた標準レンズです。
本来であればKマウントを探すべきなんでしょうが、先の2本がありますし、その素晴らしいクオリティには代え難いものを感じていましたので、ここは迷わずスパタク一択で。
あとはKXをもう少し、なんとか、、、。

【 OLYMPUS M.ZUIKO 25mm F1.8 】
先の2本を入れた後、ずっと何も手に入れずにやり過ごしてきていたのですが、私生活の中でどうしてもデジの明るい標準レンズを使いたくなってしまったので、慌てて購入したような、、、ここまでほったらかしでごめんなさいなマイクロの標準レンズです。
実はずっとこの25mm付近は欲しかったのですが、決め手がなく見送り続けていましたが、実用最重視でコレを選びました。
しかし本当のところ、このレンズが17mmF1.8や12mmF2同等の仕様であれば、、、もしくは60マクロのように防塵防滴であれば、、、と思わないでもないのでした。
なんで最新のF1.2じゃないのか?
かなり惹かれたのですが、あの予算は日常的に使えなければ手を出せないという冷静な判断です。
冷静な判断デス。

【 INDUSTAR-50 50mm F3.5 】
唐突ですが、仕方ありません。
まだまともな試写もできずにいる新米レンズ、初のUSSR製、ロシアンレンズですね。全くノーマークだったんですが、いつもお世話になっているお店で唐突にお安く出ていまして、正直格好良いので手元にやってきていただきました。
これでMマウントだったりするとGM5にぴったりなんですが、そこはM42、ここはKXがベストであろうという事で、斜め後方からいきなりKXの援軍が現れた格好です。
あとは実際に使ってみてからという事で、、、。

【 VOIGTLÄNDER NOKTON CLASSIC 40mm F1.4 MC 】
コレも全く予定していなかったレンズでした。
もちろん?ずっと購入候補上位にあったレンズでしたが、新品で買っちゃうかな?と思っていた事もあり、オクも含めて全く探していませんでした。ところがこれが久しぶりに寄った中古コーナーで(普段こんなタイプのモノはないのに)ポツンと、相場よりもかなり安く出ていて、、、気がついたら。
こちらはすでに記事も上げているとおり、思っていた以上に使えそうで、ホッとしていたりします。

•••
最初のXDは一昨年末の購入(レンズなしで使えなかったけど)という事で、この中から外すとすると、今年はレンズばかり5本。
しかも全て標準(域)のレンズばかりとういう悩ましさでした。
そして実はもう一本、ここに並ぶ予定だった標準レンズがあったのですが、、、これは当面使えなさそうで、もしかすると実戦投入できないかもしれないので今回は並べられず。
これが来年のバロメーターになりそうな予感がしています。

来年、デジタルはひたすら撮りまくりたいですね。
フィルムの方は撮影はもちろん、色々と工夫しつつ機材のメンテも含めて楽しんでいこうかと。
そんなこんなを思いつつ、今年の物欲はこれまで。




 

by M2_pict | 2016-12-30 22:11 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(2)

ラストスパートへ

e0097970_18193030.jpg


【 紅葉狩り *12 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Lumix G 30mm F2.8 Macro






歩く途中で見かけた散りざまを切り取って。

***
今年もいよいよラストスパート。
毎年恒例の記事も用意したいのですが、今年はまだ準備もできていません。
まぁ、追い詰められればできる子(ダメなおっさん)ですから、そのうちそのうち、、、。




 

by M2_pict | 2016-12-25 22:17 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(2)

師走入りに

e0097970_22354761.jpg


【 まだまだ *2:ツマグロヒョウモン♂ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Lumix G 30mm F2.8 Macro





先日のツマグロヒョウモンのオス。
このカットの後、じわじわと迫っていったものでした。
お花畑のチョウチョという図柄ですが、実際のところは結構な危機感というか切迫感があります。
いや意外とのんびりとしたムードがあるのかもしれませんが。

ちなみに、すでにこの花壇の花はすっかりなくなり、次の花の種が仕込まれているようです。
季節はどんどん進み、あと数時間で師走入りです。




 

by M2_pict | 2016-11-30 22:41 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(0)

追い込みの迫力

e0097970_22515716.jpg


【 まだまだ:ツマグロヒョウモン♂ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Lumix G 30mm F2.8 Macro





だいぶ鱗粉も落ちて色も薄くなった感のあるツマグロヒョウモンのオス。
吸蜜に夢中なのか気温が下がって動きが悪いのか、ここまで寄っても逃げる気配なし。
雄々しい姿をやや下めからいただきました。



 

by M2_pict | 2016-11-26 00:03 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(6)

2, 2, 4の40

e0097970_12304254.jpg


【 VOIGTLÄNDER 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Lumix G 30mm F2.8 Macro





先日から鬱陶しく「新レンズ」と匂わせていたのがこちらです。
2本目の VOIGTLÄNDER レンズ。
ずっと興味を持ちつつも、いや、いや待てこらと自制していたのですが、例によって目が合ってしまって、、、。
(馬鹿みたいに下調べだけはし続けていたものですから、、、)



 


もう少し続きます、、、
by M2_pict | 2016-11-20 23:10 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(8)

改まった気持ち

e0097970_09393040.jpg

【 イチョウの落ち葉 】

 LUMIX DMC-GM5
 LUMIX G 30mm F2.8 Macro





この日は久しぶりにフィルムメインでの撮影。
持ち出していたのはOM-4TiBにZUIKO135mm F4.5MACRO、フィルムはRDPIII。
例によって「撮れた撮れぬは現像待ち」なので、モヤモヤドキドキを楽しんでいます。

画はサブに持ち出していたGM5とG30MACROのコンビ。
インプレッシブアートを使って切り取ったイチョウの落ち葉。

***
ウチにはOM-4が複数ありますが、実用としてメインにしているのはこの4Ti BLACKです。
ファインダーは私の最初のOMである4(初期型)から使い続けている2-4(新型全面マット)。
良くも悪くもこのスクリーンで長く撮ってきたので、これが基準となっています。
これに明るいレンズをつけての撮影は本当に楽しく、今でも全く不自由を感じずただひたすら楽しく撮影ができます。
一方で他のカメラ、特に一眼レフは、「これにない部分を楽しむ」ようなところもあって、、、。

もちろん電子カメラの宿命、電子基板が壊れたらそれまでのカメラです。
いつまで使っていけるかわかりませんが、今後も使える限りは実用として使っていきたいと思っています。
、、、改めてそう思いました。



 

by M2_pict | 2016-11-15 09:58 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(0)

無防備

e0097970_11013667.jpg

【 木陰に横たわる猫 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Lumix G 30mm F2.8 Macro





食事の気配が残っていたのか、目があった後に少し追跡されていました。
その後シジミチョウを突っ伏して撮影中に絡まれてしまい身動きできない状態に。
撮影を諦め、しばらくモシモシした後、こちらが食べ物をくれることがないのが理解できたのか少し離れた木陰に移動して寝てしまいました。
それでもシャッターを切るとこちらを振り向くので、あえて振り向いたところを狙って。

猫、撮影中に絡まれると困るんですが、どうもこちらが無防備なんでしょうね。




 

by M2_pict | 2016-10-09 21:44 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(4)

Sierra

e0097970_00375114.jpg

【 秋の口のツマグロヒョウモン♀ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Lumix G 30mm F2.8 Macro





所用があって珍しく外に持ち出したG30mmマクロ。
このツマグロヒョウモンを視界の端に見つけて「しまった」と思ったのだけど、こういう時はスパっと切り替えてともかく迫るというのがパタン。
幸いにもここまでは近寄れて撮れましたし、何より美しい相手でしたので、何とも眼福。
望遠とは違う楽しみのひとつ。

***
さて、ここしばらくは自宅MacのOSのアップデートは即日というのがパタン(其れなりに痛い目にも合ってますが)。
しかし、今回の Sierra は当初CCとの問題も指摘が流れてましたし、私も継続仕事が多くて、それらた落ち着くまではとアプデを控えていました。
そして、ふと今回のバージョンではついに OS X と言う名称も消え macOS となる事を思い出し、やはり少し躊躇してしまったのでした。
今週末にはやってみようか。
何か忘れてるような気もするのですが、、、。



 

by M2_pict | 2016-10-07 00:50 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(4)