M2_pictlog

カテゴリ:M-ROKKOR 40mm F2( 9 )

おいしくな〜れ

e0097970_9142444.jpg

【 畑の横の梅の樹 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2





公園の横にあるミカン畑、その奥にある梅の樹。
それほど手入れされている訳でも見られている訳でも無さそうですが、こうした奔放な感じは好きなのか、ついアレコレ撮ろうとしてしまいます。

***
この公園はマクロ中心でスナップ的に撮るコトは殆どありません。
マクロで集中しているとスナップの距離感が消え去ってしまい、、、要は不器用なもので(^^;
とはいえ、このレンズでマクロは難しいので、こうしてスナップな距離で撮るのが中心となるのですが、絞りによる描写の違いがそれなりにあるので、そこらを意識しながら撮るのは結構楽しかったりします。

そうしてアレコレ考えながらというのは上手な撮り方ではないのでしょうけど、積み重ねていくとだんだん飽き(?)がきます。そうした頃からが機材との関係における “おいしいところ” だと思ったりするのですよね。



 
by M2_pict | 2016-02-23 09:33 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(4)

メタセコイア

e0097970_23325067.jpg

【 紅葉前のメタセコイア 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2





いつもの公園に立つ立派なメタセコイア。
手間にある斜面から、その中央付近を切り取ったスナップです。

樹も立派ですが、このレンズもなかなか、、、と思った一枚でした。
by M2_pict | 2015-12-10 23:39 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(6)

M-ROKKOR 40mmによる山茶花 *4

e0097970_737414.jpg

【 山茶花のある裏道 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2





夜は絶対に怖い道です(^^;

さほど大きな木ではありませんが、生垣のサザンカとはまったく違う趣があります。
こうした山茶花は、奔放でありながら場に応じた華もあり魅力的。
by M2_pict | 2015-12-03 08:30 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(6)

心地よい画角

e0097970_1093263.jpg

【 竹林の山茶花:M-ROKKOR 40mmによる山茶花 *3 】

 LUMIX DMC-GM5
 MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2





暗めの露出は“狙い”もありますが、“間違い”でもあります。
今のところまだGM5のEVFの感覚とマッチ出来ていません。
コロコロ機材を変える報いですね(^^;

***
M-ROKKOR 40mm を使うにあたって、実のところ「最短(撮影距離)が80cmとかありえん」っていうのがありました。(じゃぁなんで手に入れた!ってのはナシの方向で、、、)
一方で、フォーサーズでOMの40mmを使っていて感じる(アレは寄れますが)意外な心地よさもありました。もちろん、絶対的には寄れないのでマクロにはなりませんが、あまり無理せず切り取れる80mm相当の画角は、思いのほか私的に心地よい画角のようです。

当たり前の“中望遠”の画角ですし、古参の1本、90マクロに近い画角ですから当然と言えば当然なのか。
そして不思議と素の40mmで使っても良さそうだという感覚があるんです。
by M2_pict | 2015-11-26 22:38 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(0)

落ちもの拾い

e0097970_9125022.jpg

【 秋の歩道のコンポジション 】

 LUMIX DMC-GM5
 MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2





チラ、チラと溢れる光にタイミングを合わせて数カット。
その中からの一枚。
天然のコンポジション。

***
露出をアンダーに振ると途端に表現が怪しく感じられるEVFですが、そういうクセはなんとなく感じていたので脳内補正しながら撮影です。
背面液晶で確認すればいいだけなんですが、良くも悪くもMKIIでの撮影(背面液晶を閉じたままの撮影)に慣れていて、撮影中にほとんど再生画像を見る事がありません。
デジタル使うなら使うべきなんでしょうけど、、、。
リズムが悪くなってしまう事が多くて。
by M2_pict | 2015-11-23 09:32 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(6)

秋が足踏み

e0097970_11332073.jpg

【 東屋のもみじ 】

 LUMIX DMC-GM5
 MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2





秋から冬にかけてよく通る場所の東屋。
葉の色が変わった頃に、また来てみたい。

今年は秋がなかなか進みません。
平地の紅葉は期待薄とか。
まぁ、私のいつもの寄りまくりマクロにはあまり関係ありませんが(^^;

***
解放F2での撮影ですが、一段ほど絞ると良い感じだったかなぁとか。
このレンズは絞る事で極端に解像度が上がる印象はないのですが、各種収差がおさまってスッキリした良い画になる気がします。ボケの感じも(サイズは別として)ちょっと変化して、、、。
ここら辺り、もうちょっと実写を重ねて検証していきたいところです。

GM5とM-ROKKOR40mmの組み合わせ、すごくハマりますw
小さすぎて、決して扱いやすいというのではありませんが、実に軽快。
これで換算40mmくらいのMFレンズがあると、、、おっといけない(^^;

なお、ファインダーでじっくり、、、だったら、MKIIやオリジナルボディのCLやCLEの方が快適です(たぶん)。
そして背面液晶で十分であれば、GM1のソレはGM5よりずっと良いと思います。
そういうポジショニングがイマイチだったのか、GM5は後継が出る前にディスコンみたいですね、、、。

※撮影機材の表記が間違っていましたので修正しています。
by M2_pict | 2015-11-21 20:35 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(4)

M-ROKKOR 40mmによる山茶花 *2

e0097970_8234969.jpg

【 山茶花 2015.11(最短付近で) 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2 CLE





この手のレンズにさほど興味を持たずに来たのは、その深い“沼”に恐怖して、、、というのもありますが、なにより成り立ち上の事として“寄れない”というのがありました。
しかしまぁ、寄る機材はたくさんありますし、出来ない事の縛りもまた楽しい趣味の世界だと、ここのところは思うようにもなってきたようです。

山茶花 *2 ですが、*3 があるかどうかはこれから次第です(^^
by M2_pict | 2015-11-18 08:34 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(8)

M-ROKKOR 40mmによる山茶花 *1

e0097970_13124235.jpg

【 山茶花 2015.11(やや引いた位置で) 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2 CLE





しばらく撮影に出ていなかったので、まずここは訪れておきたかった場所でした。
やはりすでに花はかなり咲いていて、、、。
焦る気分をでファインダーを覗きつつだんだんと近づいていくのですが、撮り進めるうち次第に落ち着いてくる感覚がありました。

今年もまたたくさん撮っていきたいと思います。

***
このレンズの最短撮影距離は0.8m。
そう、私の感覚からするとまったく寄れませんし、M系のレンズによく見られる0.7mにも及びません。
だから「私には使えないよね」とか思いつつ使ってみたのでした。
(だったらなんで買う、、、というのはさて置きw)

それでもマイクロフォーサーズで使えば換算80mmの大口径中望遠ですから、ここは慣れた領域、思ったよりも困ることなく(幸い虫たちにもあまり出会えず、、、探さなかったかも)撮影を進める事ができました。
by M2_pict | 2015-11-16 00:13 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(2)

秋の公園での試写より

e0097970_750982.jpg

【 秋の公園での試写より *1 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II




こういうのは勢い、でしょうか。
なかなか撮影できていなかったのですが、試写にかこつけていつもの公園へ。

とりあえず1回使っておけば気持ちも落ち着くだろうという程度の、文字通り試写でしたが、、、
どうしよう、妙にツボりました(^^;

珍しく多めにjpeg撮って出しの画像を並べてみました。
アレコレ想像して楽しんで頂ければ、と(^^

その他の試写画像、、、
by M2_pict | 2015-11-13 08:02 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(9)