M2_pictlog

カテゴリ:S-Planar 60mm F2.8( 14 )

表か裏か

e0097970_23400453.jpg

【 山茶花 *12 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





同じように撮ろうとしても、なかなか同じようには撮れないもの。
でも、新鮮な気持ちが無くなっていると、どう撮っても同じようにしか見えなくもなる。
表か裏か。
そんな事を思いながら。



 

by M2_pict | 2018-01-15 23:51 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(0)

対の1枚

e0097970_00124749.jpg

【 山茶花 *10 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





こちらとは「対となる1枚」でしょうか。
私的には色々と対比的なんですが、まぁ自己満足の世界ではあります。

***
今週はほとんど撮ることができませんでした。
作業机もとっ散らかっていてテーブルフォト(ブツ撮り)もできない。
ちょっとストレス。



 

by M2_pict | 2018-01-13 00:18 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(0)

竹と山茶花

e0097970_22521535.jpg

【 山茶花 *9 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





先の1枚は少し絞って絞りの形が出ています。。
こちらは解放。ほぼ丸くおさまってくれました。
こういうところはレンズ中央部を使う(マイクロ)フォーサーズの美味しいところのひとつ。

竹?
竹は背景でぼやっとしてサザンカを引き立てています。



 

by M2_pict | 2018-01-10 22:50 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(2)

薄化粧

e0097970_21340681.jpg

【 山茶花 *8 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





冷え込んだこの日、サザンカも少しばかりの薄化粧。

***
MFレンズで等倍近くのカテゴリーはこれまでZUIKO80mmF4に頼りきりでしたが、このS-Pla60mmは無限遠から等倍までというスペック、さてその実力は?とか思ったものの、なかなか試せもしないんですよね。
この日もここまで寄るので精一杯。



 

by M2_pict | 2018-01-09 21:50 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(2)

こちらも楽しみでした

e0097970_17212229.jpg

【 山茶花 *7 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





sd Quattro のサザンカを続けましたが、そのまま続ける前に少し時間を戻してみます。
昨年末最後のサザンカがS-Plaの落花「悪戯」でしたが、同日の中からいくつか。

この S-Planar 60mm も、サザンカを撮るのを楽しみにしていた機材のひとつでした。
独特の色味の強さというのは良く言われているところですし、そういったレンズで(私的にはZUIKOとは違うという意味が強い)どう撮らせてくれるのか、興味があるじゃないですか。

で、色々と「らしさ」の詰まった感じのしたこの一枚から。



 

by M2_pict | 2018-01-08 22:31 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(0)

悪戯

e0097970_21131491.jpg

【 山茶花 *3 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





サザンカの花が落ち葉の上に落ちていました。
花びらがハラハラと落ちているのがサザンカのパタンですが、これはボトりと椿のように。
鳥の悪戯かも、と想像しながら。



 

by M2_pict | 2017-12-27 22:18 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(0)

冷えた朝

e0097970_09542667.jpg

【 朝霜 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





冷え込んだ朝。
九州の平地でもこのくらいの朝霜はあります。

流石にS-Planar60mmの金属鏡筒は冷たい。
久しぶりにグローブを着けて(左手のみですが)撮影に臨みました。
それにしても、これは何の葉だろう?

***
さて、今年もいよいよ残すところ一週間ほど。
日常はともかくblogの方はマイペースでと思っているのですが、年末はいくつかのゆるい決め事があります。
特に今年の「物欲の顛末」はどうしたものか未だまとめられずにいるのですが、更に更新されるかもしれない案件がありまして...
今年中か来年早々か、後は待つばかりとなっています。



 

by M2_pict | 2017-12-23 22:26 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(4)

S-Plaで秋桜 *2

e0097970_21465376.jpg

【 秋にそよぐ *2 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





仄かに秋の気配のする背景と、まだ少し強い光。

***
私のS-Planar60mmF2.8ですが、手に入れるにあたり調べたところ、S-Plaとしては後期のものらしいです。
S-Plaは全て独製ということですが、そのバリエーションは大きく3つほどあって、最初期のものが鏡筒内に内面反射防止の為の凝ったテレスコピック構造を持つもの。中期はその構造がなくマウントが黒色のもの。後期はマウントがシルバーとなり、名称(S-Planar)と製造国以外はほぼ日本製に移行したMakro-Planarと同等という事です。

ともあれ、60mmという実焦点距離の等倍マクロというのはかなり使い出のある性能で、例えば私のいつもの撮影であればRXに付けても標準域で等倍まで寄れれば倍率に不足を感じるような事はありません(むしろブレとSSが...)し、フォーサーズ(含マイクロ)であれば、マウントアダプタ以外にはアタッチメント類も不要で2倍という私的にはオーバースペックにもなるスーパーなレンズとなります。
更に言えば、ピントリングの回転方向がOMと同じ(絞りリングは逆ですが)というのもストレスがありません。
おかけで、ウチに数多あるマクロレンズの中でも十分に個性を感じられますし、存在意義も大きいのです。
えぇ、大きいのでありますよ。



 

by M2_pict | 2017-10-17 22:46 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(0)

S-Plaで秋桜

e0097970_21233832.jpg

【 秋にそよぐ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





公園の花壇、、、ではなく、余ったタネをばら撒いておいたような場所。
群生もいいけど、このくらいの密度で風にそよぐ秋桜も良い。

***
S-Plaの開放。
距離によるのかもしれませんが、「開放から使える!」という描写ではない気がします。
少し収差が出るのか、ふわっとした感じが出ますね。



 

by M2_pict | 2017-10-16 22:50 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(4)

届く光

e0097970_23390110.jpg

【 露草 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





蜜柑の木の下にあったツユクサ。
溢れた光が強くて背景は真っ黒に...。



 

by M2_pict | 2017-10-13 23:43 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(8)