M2_pictlog

<   2014年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

マユタテアカネの季節

e0097970_22543829.jpg

【 何を思う:マユタテアカネ 】

 OLYMPUS E-M5
 OM ZUIKO 135mm F4.5 Macro
 Auto Extension Tube 65-116





私は、ちょっと変な顔に見えるこのトンボを見るようになると、秋なんだと思ったりするのです。
と言うか、9月も終わりらしいですよ(ー。ー
by M2_pict | 2014-09-30 08:44 | OM 135mm F4.5 Macro | Comments(6)

香しきレンズ

e0097970_1311927.jpg

【 ZUIKO AUTO-MACRO 135mm 1:4.5 】

 OLYMPUS E-M5
 MZD 17mm F1.8





ウチでOM90マクロに次ぐblogエントリー数2位の主力レンズです。
似たレンズというのが思い浮かばない、特殊且つ専門性の高いニッチな香り高いオールドレンズというところ。
当時のカタログなどからは、その特殊さよりも汎用性の高さを強調しているような気配(無限遠の撮影も可能、、、とか)があったのですが、実際には正にマクロスペシャル的な1本だったのだと思います(^^

長々と続きました、、、
by M2_pict | 2014-09-29 08:57 | MZD 17mm F1.8 | Comments(2)

冴える青

e0097970_2343059.jpg

【 照り返しの中で:チョウトンボ 】

 OLYMPUS E-M5
 OM ZUIKO 135mm F4.5 Macro
 Auto Extension Tube 65-116





一時ほどはいませんが、まだチョロチョロと飛んでいます。
一般的なトンボからすると、かなり翅が(特に後翅)が大きい為か、ヒラヒラと蝶のように飛ぶ姿はもちろん、こうして止まっても綱渡りのように翅をヨロヨロさせていてどうにも不安定。「よっ、はっ、ほっ」と声を出しているかのようで、見ていてなかなか楽しめます(^^
しかし冴えた青はやっぱり見事です。

・・・
やはりこのレンズ、好きですね。
なかなか使ってやれてないから、たまに使うとその度に惚れ直すというか、、、。
という事で、次回はこのレンズの記事でも(^^
by M2_pict | 2014-09-28 00:41 | OM 135mm F4.5 Macro | Comments(6)

当り日と間抜け

e0097970_8412619.jpg

【 茶緑混合型オオカマキリ 】

 FUJI FILM X-E1
 OM ZUIKO 50mm F1.4





どこか間が抜けてる事を再認識した日でした。
晴れ間が広がり、これは撮影せねばと飛び出したのは良かったものの、なぜか「今日は50mmで」とX-E1に付けていたつもりだったOM50mmF2MACROが、なぜかOM50mmF1.4に。
あー、50mm数本出して遊んでいたんだった、、、。

小さな相手さえ諦めればなんとかなると相手を探していると、果たしてこの日はカマキリの当り日。
ハラビロには出会えませんでしたが、今期初のコカマキリをはじめ、茶型、緑型、混合型のオオカマキリにたくさん出会えました。
全部で9頭。
これは私的新記録です。

そんな中から50mmF1.4的ソフトフォカスな一枚。
シュッとした体躯に茶と緑のまとまりも美しいオオカマキリです。
by M2_pict | 2014-09-26 08:55 | OM 50mm F1.4 | Comments(2)

冬眠前?

e0097970_8462556.jpg

【 伏せて想う:雨蛙 】

 OLYMPUS E-M5
 ZUIKO Digital ED 50mm F2.0 Macro





また随分久しぶりにアマガエルを見ました。
一昨年くらいに、某ホームセンターの店内(!?)で見かけて以来です。
そう言えば、このblogでもようやく2回目の登場。
やっぱりZD50mmでした(^^
by M2_pict | 2014-09-25 09:02 | ZD 50mm F2.0 Macro | Comments(2)

蟻と曼珠沙華

e0097970_872319.jpg

【 しまった! 】

 OLYMPUS E-M5
 ZUIKO Digital ED 50mm F2.0 Macro





敢えて説明しますと、これは長崎ペンギン水族館のビオトープに咲いていたヒガンバナです。
説明の意味がありませんね(^^;

・・・
珍しく家族の休日が合わせられたので、ちょっと遠出してきました。
カメラはフィルムのPEN-S2.8とE-M5に17mmF1.8。ウチでは定番の組み合わせですが、今回は更にZD50mmF2マクロもMMF-3付きで持ち出します。
mZD60マクロと一瞬悩んだんですが、ここは一段明るい事を優先しました。
by M2_pict | 2014-09-24 08:27 | ZD 50mm F2.0 Macro | Comments(6)

ハラビロさんも

e0097970_18234643.jpg

【 逆さの視界:ハラビロカマキリ】

 FUJI FILM X-E1
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro





先のオオカマキリを見つけた直後、僅か数メートルのところに「んっ?」って顔して佇むハラビロカマキリの成虫が(^^;
今年はもう会えないかと思っていただけにニヤニヤしながらオオカマキリに引き続き激写タイム。

、、、激写って、年代モンですねぇ、、、。

・・・
未だ iOS 8 にしていないウチの iPhone。
理由は OS X との同期等。
6にしてしまえば有無を言わさず8なんですけどね、もうしばらくは5のまま。
Yosemiteの登場に併せて機種変更しようかと思っています。
by M2_pict | 2014-09-22 08:04 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(8)

蝶、、、です。

e0097970_21184015.jpg

【 木道のウラギンシジミ 】

 OLYMPUS E-M5
 OM ZUIKO 135mm F4.5 Macro
 Auto Extension Tube 65-116





地味な上にちっちゃくてごめんなさい。
やっとここまでは寄れる季節になった感じです(^^;
これから、これから。

というか、本当に(いつもの公園では)例年になく蝶が少ない。
気候のせい、植栽の変更のせい、園内工事の関係か、、、。
いつも呆れるほど飛ぶツマグロヒョウモンなどがチラとしか見れません。
他のは全体としてあまり変わらない気もしますから、やはり植栽の影響が一番か。
なかなかに微妙なバランスの上に成り立っている生態系なのだと思います。
by M2_pict | 2014-09-20 09:50 | OM 135mm F4.5 Macro | Comments(4)

幾年振りに

e0097970_21592565.jpg

【 ヒガンバナのクローズアップ *1 】

 OLYMPUS E-M5
 ZUIKO Digital ED 50mm F2.0 Macro





ヒガンバナをblogにエントリーするのは幾年振りか。
確か一昨年にアゲハの背景みたいにフィルムで撮った記事が最後。
デジだとE-1メインの頃まで遡りそうです(^^;
iPhoneでは少し撮ってるんですけど、、、。
単にタイミング的な問題だったのだけど、本当にそうなのか自信はない。




e0097970_222567.jpg

【 ヒガンバナのクローズアップ *2 】

 OLYMPUS E-M5
 ZUIKO Digital ED 50mm F2.0 Macro





フォトキナではイロイロ新しい機材も出ているようです。
個人的に気になるのはαの90マクロとパナGの30マクロ。フジのレンズも凄い勢いを感じますが、アレは寄れないから、、、という事にして忘れますw
あと、カメラとしては、、、アレかなぁ。
by M2_pict | 2014-09-19 08:31 | ZD 50mm F2.0 Macro | Comments(10)

一瞬の邂逅

e0097970_840552.jpg

【 脱皮直後?:オオカマキリ 】

 FUJI FILM X-E1
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro





立派な抜け殻を見つけた後、もしかしたらと周辺を探して見つけたオオカマキリ。
この場所は定期点検の場所で、卵から幼虫、終齢幼虫から成虫と、ひととおり年間を通して見ていく事もあり、こうして無事成虫となった姿を見ると感無量です。

が、しかし。
彼の姿を見たのはコレが最後になったようです。
成虫となっても生を全うするのは大変なのだと改めて感じた出来事でした。
by M2_pict | 2014-09-18 08:52 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)