M2_pictlog

<   2014年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Sing! Sing! Sing!

e0097970_107671.jpg

【 Sing! Sing! Sing! : カマキリ♂ 】

 OLYMPUS E-M5
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro





ノリノリで相手をしてくれたカマキリ (^^

対岸に釣りの人はいましたが、まぁ忘れてうつ伏せで撮りまくり。
もちろんE-M5ですから、チルト液晶引っ張り出してLV撮影でもいいのですが、、、もったいなくて!

もう一枚、ポートレイトを、、、
by M2_pict | 2014-10-31 10:35 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(8)

困った時の

e0097970_848436.jpg

【 ベニシジミ 】

 FUJI FILM X-E1
 OM ZUIKO 100mm F2.0





相手が見つからず「困ったなぁ」と思っていると、どこからともなく現れて相手をしてくれるのが、このベニシジミ。
勝手な思い込みに過ぎませんが、とても愛らしく感じてしまうのです。
by M2_pict | 2014-10-30 08:09 | OM 100mm F2.0 | Comments(0)

Critical point

e0097970_8361739.jpg

【 臨界点:オオカマキリとツチイナゴ 】

 FUJI FILM X-E1
 OM ZUIKO 50mm F2.0 Macro





石垣の上で繰り広げられる緊張の構図。

この数秒後、、、さみしそうに取り残されたオオカマキリ一頭。
ずいぶん時間をかけてここまでにじり寄っていたのにね(^^;
by M2_pict | 2014-10-29 08:20 | OM 50mm F2.0 Macro | Comments(4)

裏の選択

e0097970_9262497.jpg

【 黄金の頂にて:ツマグロヒョウモン♀ 】

 OLYMPUS E-M5
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro





すっかり日本の秋に定着した感のあるセイタカアワダチソウ。
その繁殖力の強さはよく知られるところですが、その強さの一端には昆虫達からモテモテな事もあるかもしれません。
いや、実に様々な虫がやってくるのです。

•••
この一枚は、別の候補を選んだ際に“裏の一枚”といったニュアンスで候補に残しておいた一枚。
この場合の“裏”というのは私が勝手にそう呼んでいる一種の暗喩で、“表”に対してそれと対をなすようなものや比較参考用、同じ状況で撮られた中、違う意図で撮っているものの別にするには無理があるものの“なにか引っかかっているもの”に対して使っています。
そういう“裏”が面白くなって“表”と入れ替わる、そういう事が結構あります。
by M2_pict | 2014-10-28 07:58 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(0)

今季カマキリ大当り!

e0097970_2121152.jpg

【 芸を磨く:ハラビロカマキリ♀ 】

 OLYMPUS E-M5
 MZD 60mm F2.8 Macro





ちょっと前に長男坊が見つけて持ち帰ったハラビロカマキリの♀。
網戸での瞬間芸に魅せらせた一瞬でした。

•••
今季、蝶の少なさと対照的にたくさんのカマキリ(成虫)と遊んでしまっています。
良い画が撮れたかどうかは別ですが、できるだけご紹介したいと思っています。
苦手な方もそれなりに楽しんでいただければ、、、。

この画を得る為の私の格好なぞ想像し、お笑い頂くのも一興かと(^^;
by M2_pict | 2014-10-27 07:59 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(4)

秋の使者

e0097970_2259940.jpg

【 ウラナミシジミ 】

 FUJI FILM X-E1
 OM ZUIKO 100mm F2.0





私にとっての秋の使者とは、このウラナミシジミの事。
会えそうで会えないから、いつもドキドキしてしまう。
かわいいなぁ(^^
by M2_pict | 2014-10-25 09:11 | OM 100mm F2.0 | Comments(8)

似てるけど

e0097970_8283417.jpg

マイコアカネコノシメトンボ 】

 OLYMPUS E-M5
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro





マイコアカネとマユタテアカネ、更にコノシメトンボは近縁という事らしいのですが、外観上の特徴がわかりやすく、ライト級トンボ好きとしては嬉しいところ(^^
この公園では、マユタテ8にマイコアカネコノシメ2くらいの、、、いや、9:1くらいの割合かなぁ。

※調べてるうちに混乱していたみたいです。マイコアカネではなくコノシメトンボでしょうね。修正しました。なお、マイコアカネは見た記憶がありません。単に間違えていたダケの可能性もありますが...。
by M2_pict | 2014-10-24 09:16 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)

忘れた頃の

e0097970_23425385.jpg

【 オオカマキリ♀の仕草 】

 FUJI FILM X-E1
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro





ただそこに居るだけに近いのに、どうしてこう表情豊かなのか。

•••
このblogでは、日常の中の範囲で撮影した中からちょっといい感じで撮れた画を記事にしている“つもり”なのですが、ある程度その“日常”を織り込んでいくのが“pictlog”たる所以。
なかなか思うようにいきませんし、そもそもこんなマクロバカなblogにするつもりなどなかったはずなにに、、、。

そんな感じで続けていたら、もう丸8年。
いや、今月頭だったんですが、カンペキに忘れていました(^^;
いっそ忘れておけばいいものを、ふと思い出すと書かずには、、、。
どうやらま〜だ続けようかと思っているらしいので、ひとつよろしくお願い致しますm(_ _)m
by M2_pict | 2014-10-23 08:19 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(4)

あふれる初秋

e0097970_8571424.jpg

【 歩道にあふれるミゾソバ 】

 FUJI FILM X-E1
 OM ZUIKO 100mm F2.0





この辺りには以前から見られたミゾソバですが、昨年菖蒲畑として再整備(重機が入りました)された事で壊滅寸前と思っていました。
が、なんだかんだと条件が良いのでしょう。今年はこの状況。
歩道に溢れんばかりの勢いです。
ちなみに、チャバネセセリもとまってたりしますね(^^
色んな蝶や蜂、そしてカマキリも良くいるのです。
by M2_pict | 2014-10-22 09:14 | OM 100mm F2.0 | Comments(2)

あいまいな同定

e0097970_21334697.jpg

【 センダングサとキチョウ 】

 FUJI FILM X-E1
 OM ZUIKO 50mm F2.0 Macro





従来キチョウと呼ばれていた蝶が、近年ミナミとキタに分けられる事になったらしいのだけど、外観から見分けるのは難しいらしい。
なので、はっきりと同定できない以上は“キチョウ”にしておこうかなと思ったりしています。

あとカマキリでも、チョウセンカマキリとオオカマキリの同定はパッと見だけではなかなか難しく間違いも多いように思いますので、これからはそれなりに明確な同定ができない以上は“カマキリ”にしておこうかと。

そんなにルーズでいいのか?と問われれば、すみません。という事で。
先はともかく、当面はこんな感じでいきたいと思います。
by M2_pict | 2014-10-21 07:32 | OM 50mm F2.0 Macro | Comments(0)