M2_pictlog

<   2015年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Double Name

e0097970_22573949.jpg

【 LEITZ minolta CL 】

 LUMIX DMC-GM5
 LUMIX G 30mm F2.8 Macro





「あー、やっちまったよこのヒト」
という笑い声が聞こえるw

輪っかから生えたというか、落ちるべくして落ちたというか。
またblogにはなかなか画を出してこれない機材がやってきました。
敢えて言うなれば、壊れて撮れなくなってしまった OLYMPUS 35DC の代わり、、、でしょうか。
コンパクトなレンジファインダー機という意味で、、、(^^;

デジも含めてなかなか撮影できない状況でもあり、今のところ布幕縦走りの空シャッターと私的史上最高にクリアなレンジファインダーを覗くばかりですが、その手になじむサイズ感や実用然としたシンプルさを楽しんでいます。

先日初めてのLEICA(パナ)が来たばかりでしたが、今度はLEITZ、そしてこちらも初のminoltaブランドがいっぺんにやってきました。
by M2_pict | 2015-11-29 23:14 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(8)

心地よい画角

e0097970_1093263.jpg

【 竹林の山茶花:M-ROKKOR 40mmによる山茶花 *3 】

 LUMIX DMC-GM5
 MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2





暗めの露出は“狙い”もありますが、“間違い”でもあります。
今のところまだGM5のEVFの感覚とマッチ出来ていません。
コロコロ機材を変える報いですね(^^;

***
M-ROKKOR 40mm を使うにあたって、実のところ「最短(撮影距離)が80cmとかありえん」っていうのがありました。(じゃぁなんで手に入れた!ってのはナシの方向で、、、)
一方で、フォーサーズでOMの40mmを使っていて感じる(アレは寄れますが)意外な心地よさもありました。もちろん、絶対的には寄れないのでマクロにはなりませんが、あまり無理せず切り取れる80mm相当の画角は、思いのほか私的に心地よい画角のようです。

当たり前の“中望遠”の画角ですし、古参の1本、90マクロに近い画角ですから当然と言えば当然なのか。
そして不思議と素の40mmで使っても良さそうだという感覚があるんです。
by M2_pict | 2015-11-26 22:38 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(0)

最後の試練

e0097970_2323659.jpg

【 旅の途中:オオカマキリ 】

 LUMIX DMC-GM5
 LUMIX G 30mm F2.8 Macro





行きには見なかったオオカマキリと帰り道で鉢合わせ。
例によって、すぐに逃げ出すようなコではないので、横に腰を下ろして暫し観察。
よく見ればボロボロの体躯で心なしかヨロけているようにも。

この日はフィルム機のテストが目的でもあって、デジはこの一本(30マクロ)。
思いっきり近寄っての撮影で、そこまで近寄ると今度は相手が寄ってくる。
ホフク状態でもあり、さすがにピンが合わせられない(^^;

そんなやり取りをしつつ、やがて相手は木道の反対側へと。
毎年数度、ここでカマキリが渡っているのを見かける。
不思議と渡っていく方向が同じような気もする。
そして時期的にはそろそろ寿命となりそうな時期。
全てではないのだろうけど、これが最後の大きな試練になってる気がする。

僅かばかりのエールを添えて。
by M2_pict | 2015-11-24 23:47 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(6)

落ちもの拾い

e0097970_9125022.jpg

【 秋の歩道のコンポジション 】

 LUMIX DMC-GM5
 MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2





チラ、チラと溢れる光にタイミングを合わせて数カット。
その中からの一枚。
天然のコンポジション。

***
露出をアンダーに振ると途端に表現が怪しく感じられるEVFですが、そういうクセはなんとなく感じていたので脳内補正しながら撮影です。
背面液晶で確認すればいいだけなんですが、良くも悪くもMKIIでの撮影(背面液晶を閉じたままの撮影)に慣れていて、撮影中にほとんど再生画像を見る事がありません。
デジタル使うなら使うべきなんでしょうけど、、、。
リズムが悪くなってしまう事が多くて。
by M2_pict | 2015-11-23 09:32 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(6)

秋が足踏み

e0097970_11332073.jpg

【 東屋のもみじ 】

 LUMIX DMC-GM5
 MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2





秋から冬にかけてよく通る場所の東屋。
葉の色が変わった頃に、また来てみたい。

今年は秋がなかなか進みません。
平地の紅葉は期待薄とか。
まぁ、私のいつもの寄りまくりマクロにはあまり関係ありませんが(^^;

***
解放F2での撮影ですが、一段ほど絞ると良い感じだったかなぁとか。
このレンズは絞る事で極端に解像度が上がる印象はないのですが、各種収差がおさまってスッキリした良い画になる気がします。ボケの感じも(サイズは別として)ちょっと変化して、、、。
ここら辺り、もうちょっと実写を重ねて検証していきたいところです。

GM5とM-ROKKOR40mmの組み合わせ、すごくハマりますw
小さすぎて、決して扱いやすいというのではありませんが、実に軽快。
これで換算40mmくらいのMFレンズがあると、、、おっといけない(^^;

なお、ファインダーでじっくり、、、だったら、MKIIやオリジナルボディのCLやCLEの方が快適です(たぶん)。
そして背面液晶で十分であれば、GM1のソレはGM5よりずっと良いと思います。
そういうポジショニングがイマイチだったのか、GM5は後継が出る前にディスコンみたいですね、、、。

※撮影機材の表記が間違っていましたので修正しています。
by M2_pict | 2015-11-21 20:35 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(4)

秋の公園での試写 その2

e0097970_021114.jpg

【 木道と終わりの溝蕎麦 】

 LUMIX GM5
 LUMIX DG 15mm F1.5





秋は物欲が暴走しがちなのですが、今季はまた大分荒れてます。
で、試写が遅れてしまったものをようやく、です。
ひとつは先にお披露目も済ませてあるのですが、、、。

その他の試写画像はこちら、、、
by M2_pict | 2015-11-20 07:39 | DG 15mm F1.7 | Comments(4)

M-ROKKOR 40mmによる山茶花 *2

e0097970_8234969.jpg

【 山茶花 2015.11(最短付近で) 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2 CLE





この手のレンズにさほど興味を持たずに来たのは、その深い“沼”に恐怖して、、、というのもありますが、なにより成り立ち上の事として“寄れない”というのがありました。
しかしまぁ、寄る機材はたくさんありますし、出来ない事の縛りもまた楽しい趣味の世界だと、ここのところは思うようにもなってきたようです。

山茶花 *2 ですが、*3 があるかどうかはこれから次第です(^^
by M2_pict | 2015-11-18 08:34 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(8)

MKIIとM-ROKKOR、そしてブランド?

e0097970_050402.jpg

【 M-ROKKOR 40mm 1:2 on E-M5 Mark II 】

 LUMIX GM1
 LUMIX DG 15mm F1.5





機材を紹介するのにクローズアップのボケボケ画だけってのもなんなの?と思って撮り直した一枚。
E-M5IIも小さなカメラですけど、このレンズだと立派に見えます。
小さい上に先細りのデザインのレンズですが、引き締まった印象で悪くない。
操作感の素晴らしい絞りリングはもとより、レバーで操作するピントも、構え方を押さえておけば小ささが気にならない良好な操作性です。

ちなみに、純正ラバーフードもありますし別ブランドのライカ風レンズフードもありますが、とりあえずそのまま使ってみようと思っています。
そもそも画角が2倍ですからそれらは仰々しいだけで役立ちませんし、フレアが気になるなら他のレンズを使えばいい、、、という感じで。

カメラやレンズのブランドでぐだぐだと、、、
by M2_pict | 2015-11-17 08:14 | DG 15mm F1.7 | Comments(6)

M-ROKKOR 40mmによる山茶花 *1

e0097970_13124235.jpg

【 山茶花 2015.11(やや引いた位置で) 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2 CLE





しばらく撮影に出ていなかったので、まずここは訪れておきたかった場所でした。
やはりすでに花はかなり咲いていて、、、。
焦る気分をでファインダーを覗きつつだんだんと近づいていくのですが、撮り進めるうち次第に落ち着いてくる感覚がありました。

今年もまたたくさん撮っていきたいと思います。

***
このレンズの最短撮影距離は0.8m。
そう、私の感覚からするとまったく寄れませんし、M系のレンズによく見られる0.7mにも及びません。
だから「私には使えないよね」とか思いつつ使ってみたのでした。
(だったらなんで買う、、、というのはさて置きw)

それでもマイクロフォーサーズで使えば換算80mmの大口径中望遠ですから、ここは慣れた領域、思ったよりも困ることなく(幸い虫たちにもあまり出会えず、、、探さなかったかも)撮影を進める事ができました。
by M2_pict | 2015-11-16 00:13 | M-ROKKOR 40mm F2 | Comments(2)

六甲来る

e0097970_2358261.jpg

【 六甲の瞳:MINOLTA 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 m.ZUIKO DIGITAL 60mm F2.8 Macro





前記事にてクイズみたいな事をしてしまいましたが、楽んでいただけましたでしょうか。
写真にはいろんな楽しみ方、撮り方、見方があると思いますが、撮られた写真がどういう機材でどう撮られたのか。
正解はある意味どうでも良く、そうして広げた想像そのものを楽しむのもまたひとつの楽しみ方かと思っています。

今回は珍しく機材のご紹介より先に試写ができましたもので、こんな風にやってみたまでですが(^^;



***
さて、“瞳”にやられて持ち帰っちゃうのは良くやるので珍しくもないのですが、これもまた想定外。
自分でびっくりしています(^^;

引っ張りますが、答えはこちら、、、
by M2_pict | 2015-11-15 06:59 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(10)