M2_pictlog

薄化粧

e0097970_21340681.jpg

【 山茶花 *8 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





冷え込んだこの日、サザンカも少しばかりの薄化粧。

***
MFレンズで等倍近くのカテゴリーはこれまでZUIKO80mmF4に頼りきりでしたが、このS-Pla60mmは無限遠から等倍までというスペック、さてその実力は?とか思ったものの、なかなか試せもしないんですよね。
この日もここまで寄るので精一杯。



 

# by M2_pict | 2018-01-09 21:50 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(2)

こちらも楽しみでした

e0097970_17212229.jpg

【 山茶花 *7 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





sd Quattro のサザンカを続けましたが、そのまま続ける前に少し時間を戻してみます。
昨年末最後のサザンカがS-Plaの落花「悪戯」でしたが、同日の中からいくつか。

この S-Planar 60mm も、サザンカを撮るのを楽しみにしていた機材のひとつでした。
独特の色味の強さというのは良く言われているところですし、そういったレンズで(私的にはZUIKOとは違うという意味が強い)どう撮らせてくれるのか、興味があるじゃないですか。

で、色々と「らしさ」の詰まった感じのしたこの一枚から。



 

# by M2_pict | 2018-01-08 22:31 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(0)

Foveon 入門

e0097970_10103220.jpg

【 sd Quattro 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





年末届いた新機材 SIGMA sd Quattro。
“H”ではない方なのはお値段、そして望遠系が中心になるだろうというイイワケです。
そう言えば昨年も一昨年も年末になって機材が増え、その年の「物欲の顛末」に間に合わなかったりしていました。
年末怖いです。



 


グダグダと言い訳など?、、、
# by M2_pict | 2018-01-07 22:00 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(6)

動機

e0097970_23204490.jpg

【 山茶花 *6 】

 SIGMA sd Quattro
 SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art





sd Quattro。
いや、FOVEON。
コレでサザンカを撮ってみたかったというのが最初の動機でした。
なにせ山茶花の花の色というのが難しくて。
圧倒的な解像力に色の分離や純度?もはやオカルトか?と思えるような妄想に取り憑かれたのかも知れません。
Rの再現や暗部の階調性、ダイナミックレンジなど、高感度以外にも弱点と言われているところもあるのですが、そこはまぁ実際に使ってみてからと思っています。

結果はまだまだ出せませんが、かなりの手応えを感じています。
このまま使いこなせないのか、それともどこか落とし所を見つけられるのか。
少なくとも、圧倒的な別世界観は間違いなく楽しく、ずぶずぶとハマっています。



 

# by M2_pict | 2018-01-05 23:57 | SIGMA 30mm F1.4 Art | Comments(4)

四苦八苦

e0097970_20003262.jpg

【 山茶花 *5 】

 SIGMA sd Quattro
 SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art





わかっていた事ではありますが、新年早々に四苦八苦。
ボディのまったりレスポンスにまったりファインダー、不思議な操作感と恐ろしいファイルサイズ。
何より、これがなければ始まらない純正ソフト SIGMA PhotoPro6 のレスポンスと操作性。
私がLRの他をほとんど知らないというのもありますが、辛いと言えばそれは辛いところ。
しかし、出てくる画のキレの良さにも唸ってしまうのです。
光の塩梅にピント、ブレ、露出etc...
デジタルなのに、中判カメラを使うような感覚があります。

当面の間は四苦八苦しながら、現像とファイル管理のフローを探るしかないのでしょうね。



 

# by M2_pict | 2018-01-04 22:41 | SIGMA 30mm F1.4 Art | Comments(2)

新年撮り初め

e0097970_18255954.jpg

【 山茶花 *4 】

 SIGMA sd Quattro
 SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art





元旦の仕事をひととおり終えた後、追加の年賀状を出すオマケで新年最初の撮り歩き。
近所でありながらいつもとは違う所作に場所でしたが、撮ったもののほとんどはいつものように山茶花でした。
しかし不思議と新鮮な気分ではあります(白。

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします



 

# by M2_pict | 2018-01-03 09:57 | SIGMA 30mm F1.4 Art | Comments(10)

【 My photo of the year 2017 】

M2_pictlog 恒例の 【 My photo of the year 】
毎年blogにエントリーした画の中から、私的に印象深かった1枚を選びます。

今年も撮影時間と機会の確保がテーマになるくらい、なかなか撮れなかった印象。
ただ、例年以上に旺盛な物欲(フィルム機中心)のお陰もあり、blogへの投稿はそれなりに増やす事が出来たました。

フィルム機材については【物欲の顛末2017】 【続、物欲の顛末2017】にあるようにやたらと増えたのですが、肝心のフィルムの方は市場そのものが限界になりつつあるような気配もあり、来年以降、予断を許さない状況ではあります。
フィルムが無くなっても(使えないほど高くなっても)後悔しないような使い方、残し方を考えていきたいと思います。

デジの方は一年を通じて安定していて、印象としてはM.ZD系の単焦点を見直した気がしています。
オリンパスのF1.2PROシリーズがマイクロフォーサーズ界隈では話題になっていましたが、これまでの単焦点シリーズの描写にも、F1.2PRO系にに繋がる描写性能が垣間見えるように思いましたし、オールドレンズとはまた違う最新設計ならではの自由度の高さを活かした撮影も積極的に採り入れてみました。

というような事もあってか、今年の一枚はこちら。



e0097970_16004137.jpg

【 人吉にて:ミヤマカワトンボ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 60mm F2.8 MACRO





5月の記事、旅行先でのトンボ撮りの1枚ですね。
こういう家族旅先でもこういったマクロ撮影を楽しめるのは、デジならではの気がします。
相手のトンボも初見のもの。
初見でこうして匍匐して密着撮影というのは何度やっても楽しいものですが、基本遠出をしない事もあり、最近は減ってきていました。

そんな楽しく興奮した撮影であった事と、他にも複数の候補を出していた M.ZD60mmF2.8MACRO の1枚を今年の【 My photo of the year 2017 】にして、M2_pictlog の2017を締めたいと思います。

例によってコメントも滞りがちな中、いただいたPV、コメント、私の方から反応を返さない「いいね」を含めとても有り難く、更新の励みです。
ありがとうございます。
来年もまた、ゆるゆるとお付き合い頂ければ幸いです。

それではみなさま、良いお年をお迎えください。



 

# by M2_pict | 2017-12-31 15:08 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(4)

続、物欲の顛末2017

e0097970_12124719.jpg

【 2017新機材:Germany's 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8





続きです...。
今回は、まぁドイツ生まれのブランドというところでまとめてみました。
M645を別にした事もあり、他も少し分けて撮ってみようと思いまして...。

【 Rollei 35 : Singapore 】
どうした事か、急にローライ35熱を発症し、バタバタと白と黒を確保し沈静化しました。
本当です(多分)。
で、左端の黒の方がシンガポール製のローライ35で、軽いアタリがあるもの実用機として問題なく動いてくれています。
決して扱いやすいカメラではありませんが、溢れるカメラ感は一連の操作だけでもニマニマしてしまうモノ。
この黒塗装も(劣化癖があるという話もあります)使い込んで下の真鍮が出てくるのが楽しみになる感覚があります。

【 Rollei 35 : Germany 】
先のシンガポール製の黒と同じくテッサーを持つクロームの35。
本音を言えばテッサーではなくゾナーのSにしたいところでしたが、より凝った造りという初期ドイツ製に触れてみたい衝動が抑えられませんでした。
結果から言えば、そのファインダーの良さ(個体差の可能性もあります)などに感動。
気持ちの良いファインダーはそれだけでも楽しいものだと、何度覗いても思うのです。

【 CONTAX RX 】
コンタックスRXは当時から好きなボディ(買えませんよ)でしたが、ずっと忘れた事にしていました。
しかし、テッサー45mmというレンズを既に持っている以上、オリジナルマウントのボディは欲しかったんでしょうね、店頭でその虚ろなミラーボックスを見てしまっては抵抗出来ませんでした。
ややスレが目立つ実用品ですが(だから手が出てしまった)、しっかり実用に足るコンディションではありました。
RXII仕様にしたいという果てなき欲望を抑えつつ純正レンズとのマッチングを楽しんでいます。
こちらも「いつか壊れるその日まで」です。

【 S-Planar 60mm F2.8 】
大柄なRXにはどうしてももう少し大きなレンズを付けたいじゃないですか。
で、多少手の出しやすくなってきているヤシコンレンズでもありますし、しばらく前からアレコレ物色していました。
候補と言えば50mmプラナーにマクロプラナーの60Cと100、そして85プラナーという、ヤシコン持ってりゃ欲しいでしょ?というレンズ達。ただどうしても予算と程度のバランスが悪く手を出せずいた所、目の前に(モニター越しですが)降臨したのがまさかのS-Planar。
予算は少々オーバー(元々無い予算)でしたが、今年はデジも買う予定ないしコシナツァイスを買う欲望も抑えられるし一挙両得(?)という謎の提案(脳内)にあっさりと白旗を上げたのでした。
もちろん、RXだけでは使い切れませんので、M5IIの他E-3まで引っ張り出して(また何故か似合う!)デジでも使っているのでした。




e0097970_12131001.jpg

【 2017新機材:Half 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8





次はハーフ関連で2つ。

【 RICOH AUTO HALF E 】
こちらはTwitterのフォロワーさんからの頂き物になります。
私的にハーフと言えばpenなのですが、こちらもハーフの雄、興味はあるじゃないですか。
使ってみると、なんとも昭和的というか、なるほどpenとはまた違った立ち位置の民衆カメラだと思いました。
そう言えば中坊の頃はアルマイトの弁当箱使っていたなぁとか、妙に郷愁をそそったり...。

【 G.ZUIKO Auto-S 40mm F1.4 】
このレンズは昨年手にしていたのですが、オクの怖さ(リスク)、ジャンク玉でした。
ジャンクを修理に出すものかどうか悩んだのですが、いつもお世話になっている修理店に相談して直してもらう事に。
首尾は上々、ウチのPEN-FTが更に魅力的になり嬉しいの一言。
そんな訳で、一年遅れの「物欲の顛末」デビューです。




e0097970_12132492.jpg

【 2017新機材:TLR 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8





なんだか疲れてきましたが、もう一息。
全く予定していなかったTLRの2台です。

【 OLYMPUS FLEX A3.5 II 】
お馴染みのこちらがお持ちなのは知っていましたし、実に魅力的な描写に「いいなぁ」と思う俗物。
染み付いたオリンパス好きの性根が滲み出ていたのか、売りに出ているコレを見つけてからは速かった。
後悔は手に入れてからしろ!と誰か言ったか言わなかったか。
ウチにはMAMIYA-CというTLRもあるのですが、やはりお散歩TLRが欲しかったのでしょうね。
いや、言い訳にもなりませんが。

【 YASHICA Mat-124G 】
たまに訪れては物色する量販店の中古コーナーのひとつで発見。
ジャンク価格のコレを「この子はそんな子じゃない」と、つい引き取ったのでした。
ひと通りの整備の後、露出計も「動く」という実用美品となったこのコでしたが、こうして手を掛けていくと...だんだん手放せなくなっていくのですよね。



さて、見返すだけでも我ながら恐ろしい物欲にまみれた一年だったのですが、全部合わせてもデジの(以下略
まぁ、ひとつ格言らしい事を書けば、「動くジャンクなんか嫌いだよ!」という所でしょうか。
お後がよろしいようで。





...one more thing...
# by M2_pict | 2017-12-29 23:11 | MZD 25mm F1.8 | Comments(6)