M2_pictlog

春の一歩

e0097970_00361889.jpg



【 青空と白梅 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2 Macro





お昼時、ちょっとだけ散歩道を伸ばしてみると、やはり白梅が咲きまくっていました。
冷え性な私にとってはまだまだ手足の冷たい季節ではあるのですが、もはや真冬の厳しさは感じられません。
春の一歩は既に、です。



 

# by M2_pict | 2017-02-17 07:32 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(6)

ファインダー越しの世界

e0097970_23081550.jpg


【 散歩道にて 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2 Macro





どこかで見たような記事タイトルですが。

ピント位置、絞値、構図、様々に変化させていくつか撮った中の一枚。
こうしてファインダーで捉えたものを撮るというのまた楽しく。




 

# by M2_pict | 2017-02-15 07:58 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(0)

終盤

e0097970_07415323.jpg

【 山茶花 *8 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2 Macro





今季のサザンカもそろそろ終わり。
この時の撮影が多分最後となると思うのですが、その1回の撮影の中でも様々な表情があって、撮っていて楽しい被写体だとつくづく。




 

# by M2_pict | 2017-02-14 08:01 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)

これだけ使えれば

e0097970_22360170.jpg



【 タテハモドキ 】

 OLYMPUS OM-4 Ti BLACK
 OM ZUIKO 90mm F2 Macro
 FUJIFILM RDPIII

 Digital Dupe
 OLYMPUS E-M5 Mark II
 LUMIX G 30mm F2.8 MACRO

 



こちらと同日撮影のフィルムから、同じくハイレゾデュープ。
これだけ使えれば、フィルムでの撮影はもっと増やしていいかも。

とか思ったものの、実際にやるとなると、正直マクロは敷居が高い。




 

# by M2_pict | 2017-02-12 09:58 |  OM series  | Comments(4)

朽葉

e0097970_22424967.jpg


【 朽葉の中に 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro





土に帰る直前といった落葉。
不思議とワクワクして撮っていました。



 

# by M2_pict | 2017-02-10 07:31 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)

M645 *4

e0097970_07475265.jpg


【 Mamiya 645 1000S / SEKOR C 55-110mm F4.5 N 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 60mm F2.8 Macro





右斜め後方から。
クランクがある事で、ほぼシャッターダイヤルだけの左側面に対してグッと賑やかに。


 


機能説明など、ちょっと長くなったので、、、
# by M2_pict | 2017-02-09 08:27 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(2)

135判でもハイレゾ

e0097970_09132251.jpg


【 ツマグロヒョウモン♀ 】

 OLYMPUS OM-4 Ti BLACK
 OM ZUIKO 90mm F2 Macro
 FUJIFILM RDPIII

 Digital Dupe
 OLYMPUS E-M5 Mark II
 LUMIX G 30mm F2.8 MACRO

 



昨年秋の撮影分からハイレゾデュープ。
ネガは実績不足で一概に言えませんが、ポジは効率込みでなかなか良好な結果。
これならさらに小さなハーフにも期待できそうです。




 

# by M2_pict | 2017-02-08 07:40 |  OM series  | Comments(4)

M645 *3

e0097970_22223373.jpg



【 Mamiya 645 1000S / SEKOR C 55-110mm F4.5 N 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 60mm F2.8 Macro





斜め後方から。
こうして良さげな角度を探すのは嫌いじゃなかったりします。

***
M645は世界初の645判一眼レフなのだとか。
なんとなく「凄い!」というより「昭和」の香り高い言葉に聞こえてくるのですが、それだけ英気溢れる時代の気配を感じるというもの。

BRONICA S2とも同じ位置にあるシャッターダイヤルは、M645初代から1000Sになって中央にロックボタンが追加されました。
これはロックのない方が好みですが、M645比1/1000秒とAEを搭載しています。

ちょっとヤボったくもかっこいいAEプリズムファインダーは、AEロックはあれど露出補正の機構は付いていないのが、軟弱な私には硬派に感じられる(使いにくい)ポイント。
しかしここは不安感なく生きていてくれるのが嬉しいところです。
そもそも「無い」と割り切って使えばいいのだと思っています。
ちなみにやはりアイカップはないのですが(なかなか見つからない)、某国産メーカーの現行品が(ちょっとキツめですが)使えました。
この方向で視度補正も探せるかもしれません。

裏蓋はリマインダーの部分を押しながらレバーをスライドさせて開きます。
ちょっとした隠しボタンですが、そのせいかこのボディ、この部分だけスレが目立ち使われていた雰囲気があります。
私はむしろソレが「使われていてこの程度の良さであれば」と、安心感に繋がったのですが。



 

# by M2_pict | 2017-02-07 07:42 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(2)