M2_pictlog

タグ:バッタ ( 75 ) タグの人気記事

隠れるのはお手のもの?

e0097970_08083130.jpg

【 ヤブキリ、隠れる? 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2 MACRO





全然隠れてないんですけど。
こちらの動きに合わせ、ジリジリと移動して死角にまわり込もうとしています。
可愛いので、しばらく遊んでしまいました。

もしかするとこのコだったかも。
場所は数メートルしか離れていない場所でした。



 

by M2_pict | 2017-08-10 22:17 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)

泥だらけ?

e0097970_21460335.jpg

【 イボバッタ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2 MACRO





たまに見かけるのだけど、なんだろう?と調べてみる。
特徴的な背中がわを捉えた画がないので何ですが、おそらくはイボバッタかな。
こういう草地よりも地面の多いところに良くいるそうですが、なるほどこの迷彩だと発見は難しそうです。


 

by M2_pict | 2017-07-29 08:39 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)

念入りに

e0097970_08290296.jpg

【 ヤブキリ♀ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 LUMIX G 30mm F2.8 MACRO





大迫力の図ですが、もちろん私も一瞬ギョッとしたものです。
フェンスの柱の上、目線より少し下くらいの高さで刀を、、、もとい産卵管を念入りに掃除するヤブキリ。
強面ですが、すごく大事そうに丁寧に磨いている感あって、しばし凝視してしまいました。



 

by M2_pict | 2017-07-25 22:38 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(4)

揺れながら

e0097970_08192806.jpg

【 かぶりつくヤブキリ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2 MACRO





あのかわいかった幼虫が、迫力のある成虫となりました。
大きな体に合わない細い茎にしがみつき、風に揺れながらものっそりもっさり爆喰い中。

池の上、、、ちょっと涼しそうにも思えました。



 

by M2_pict | 2017-07-20 23:25 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(4)

草陰に潜む

e0097970_09362335.jpg

【 キリギリス(幼虫)を覗く 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 60mm F2.8 MACRO





草陰にしばらく座ったままに観察(撮影)していると、次第に周囲に馴染んでくるものか、隠れていた虫たちもじんわりと出てきたりして。
画面に収まりきれない巨大なアンテナ(触覚)を持ってる彼らですから油断は禁物ですが、ある程度は相手をしてくれるようになる気がします。

ちなみに、触覚が1本しか見えませんが、手前の触覚は無いのではなく私に真っ直ぐ向けて警戒してるのでボケて見えなくなっているだけ。



 

by M2_pict | 2017-06-06 22:01 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(2)

秋に若々しく

e0097970_22585367.jpg

【 青臭い若者:ツチイナゴ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro





ツチイナゴは成虫で越冬するという意味で珍しいバッタですが、ごく普通にたくさん見られるので全然珍しくは感じなかったりします。
成虫で越冬するせいか、幼虫の頃は美しい緑色だった体は茶色に染まって、、、なんですが、まだ成虫になったばかりの頃はこんな感じに少し緑がかった色をしているようで、何となく若々しくも感じられたりします。
これはこれで期間限定。草むらの中でとても美しい被写体のひとつだと思っています。



 

by M2_pict | 2016-11-05 09:10 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(6)

一息ついたら

e0097970_23131518.jpg

【 ツチイナゴ(終齢幼虫) 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 m.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
 MC-14





成虫で越冬するせいか、成虫は茶色になるツチイナゴですが、幼虫は綺麗な緑をしています。

***
iPhone 7 と Plus 、さて今度はどうしようと思っていたのですが、興味のあった Plus のツインカメラ、望遠側の仕様がわかってきたところで、やっぱりノーマルな7にする事に落ち着きそうです。
(まだ色で若干悩んでいるのですが、毎度少し落ち着いた頃に購入しているので...)
最短撮影距離が少し長そうだし、ボケフィルターはあまり興味なかったのです。

色は待望久しいブラック、問題はどっちか。
「ブラックがいいぞ!」という(心の)声が強いものの、気持ちはジェットブラックなんですよね。
手元に残ってる(バカですね)美しい3GSと4の背面をを眺めつつ、一応店頭で決めようかと思っています。
ま、確認、確認だけですね。



 
by M2_pict | 2016-09-14 08:05 | MZD 40-150mm PRO | Comments(4)

避暑イナゴ

e0097970_22332726.jpg

【 イナゴの幼虫(背中に一本筋) 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2.0 Macro




裏に隠れたつもりが、なぜか表に?
ありがたく撮らせてもらいましたが、、、こっちは日向で暑いのなんのって。




 
by M2_pict | 2016-08-05 22:44 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)

たまにしか持ち出せないにしても

e0097970_22595882.jpg

【 ツユムシ緑一点 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Voigtländer ULTRON 40mm F2 SL ASPHERICAL OM





撮影の予定がなくても、ほとんどの場合は(諦め悪く)カメラを持ち出していて、この日もそんな日。
すると、いつもならマクロレンズがない日などないのに、こうしてあまり寄れないレンズしか持ってない事も。
それでもそういう時にしか巡り合わないような相手や状況もあったりします。

気温も随分下がりましたが、太陽さえ出れば、まだまだ虫たち元気です。

***
たまにしか持ち出せないとしても、いつもの寄ってぼかす“手”が使えないとしても。
主張してくるレンズは嫌いじゃないなぁ、、、と。

このレンズを持ち出すよりも、OMの40mmを持ち出す方が潰しが効くし小さく軽いし。
でも、より骨太かつ繊細な操作感と独特な雰囲気、ややクールな感じの描写、絞り値の変化による描写の変化など、手放せないなぁ、、、。
ピントリングの回転方向は、Takumarレンズが追加された今でもやっぱり慣れないのだけど、、、。

、、、が多い(^^;
by M2_pict | 2015-10-30 23:26 | Other lenses | Comments(4)

かすみの除去 その2

e0097970_9384424.jpg

【 食事中のイナゴ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Tokina 300mm F6.3 Reflex





焦点距離の長い玉の場合、遠くにいる相手を撮るには良いのですが、くさむらの中の相手の場合のように、手前にある草などを避けようがなくて困る事も多多かったりします。
今回のように敢えて入れてしまう事も多いので、一概に悪いばかりでもないのですが。

RAWそのままストレートではあまりにも眠い画像でもあり、それなりに手を入れてしまっている画像です。
基本的にはコントラストを上げてシャープネスを強めにするのですが、色の変化を抑えつつとなると意外に面倒だったりして、、、。先日もご紹介していた“かすみの除去”も使いましたが、これも僅かな量に抑えておかないと、どうしても違和感のある画になってしまいます。
ほどほどにしておかないと、せっかくのレフレックスレンズの個性も消えてしまいますね。
by M2_pict | 2015-08-26 06:13 | Tokina 300mm F6.3 | Comments(2)