M2_pictlog

初めて観た気がする

e0097970_22490616.jpg

【 ヒャクニチソウとナミアゲハ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 135mm F4.5 MACRO
 Auto Extension Tube 65-116





「初めて観た気がする」というのはナミアゲハではなくラグビーW杯の事。
試合の始まる直前に帰宅した事もあり、なんとなく見始めたのです。
結果的には前半とラスト10分くらいしか見れなかったのですが、
私としては初めてちゃんとラグビーの試合を観た気がしました。

やっぱりちょっと「わからない」ところも多いし、タックルはいちいち痛そう。
しかしかつてなくルールを把握できてきているし、せっかくの自国開催W杯。
もう少し観てみましょうか。

***
ちょっと遠く、手前の(茎や葉)も邪魔でしたが、どうにかクリアな部分を見つけて覗くように撮りました。
流石に煩いボケも出ますが、抜けたセンターのナミアゲハはキリっと撮れて嬉しい限り。


 

# by M2_pict | 2019-09-20 23:00 | OM 135mm F4.5 Macro | Comments(0)

オシャレさん

e0097970_21533645.jpg

【 ショウリョウバッタ♀ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 135mm F4.5 MACRO
 Auto Extension Tube 65-116





バッタは可愛かったり面白かったり怖かったり色々ですが、
その中でもショウリョウバッタは「オシャレ」認定したいところ。
同じようでいて、結構個体差の大きいストライプ柄が魅力的。


 

# by M2_pict | 2019-09-19 21:47 | OM 135mm F4.5 Macro | Comments(0)

呼び方

e0097970_08392328.jpg

【 ヒガンバナ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 135mm F4.5 MACRO
 Auto Extension Tube 65-116





ポツポツとヒガンバナが咲いていました。
場所はいつもの公園。
ただ半ば野良化したもので、草刈り前の伸び放題な草に埋もれるようにして咲いていました。

私はこの花を「ヒガンバナ」と書く事が多いかと思います。
「曼珠沙華」という文字列には、いろんな志向が重なりすぎている感じがして、普段は使いません。
書くのが面倒というのもあります。
「彼岸花」は季節感も、慣れという意味でも普通に使いやすいのですが、
画で言えば景色の中の花を撮った時などのイメージでしょうか。
ここは一輪のみのマクロでもありますし、もうひとつ無機質に「ヒガンバナ」と。


 

# by M2_pict | 2019-09-18 20:52 | OM 135mm F4.5 Macro | Comments(0)

上むきで

e0097970_13423955.jpg

【 ヒャクニチソウとハラビロカマキリ成虫 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO / MC-20





こういう無茶な構図でも、色収差の出にくいレンズだと安心して撮れるのは良いところ。
レンズも大柄で長焦点でもあるので、背丈の低い草花だと難しいアングルですが、
ヒャクニチソウは背が高いので狙いやすいところはあります。

***
佐賀の被害もあったばかりですが、その規模の大きさに驚かされる千葉などの現状。
子供の頃は台風による停電は割と多かった印象ですが、ここまで長いのは無かったはず。
最近は滅多に停電も起きないと思っていたので、北海道の件もあわせ、災害とはやはり怖いものだと。
こちらが思ってもいなかったような事で被災するというのが、自然災害なのかも知れません。


 

# by M2_pict | 2019-09-16 23:36 | MZD 40-150mm PRO | Comments(0)

眺めるトンボを眺める

e0097970_16322242.jpg

【 ショウジョウトンボ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO / MC-20





今季あまりトンボに寄って撮っていない気がしていて。
理のひとつは、単にそういう遭遇がなかった事。
もうひとつは、やはり長焦点(MZD40-150mmPRO/MC-20)に寄りかかったところはあるのかも、と。
倍率と扱いやすさ(ブレやピント、サイズ)みたいな事も含めて。

そうは言ってもこういう距離感で撮るのは好きなんだと思う。


 

# by M2_pict | 2019-09-15 21:02 | MZD 40-150mm PRO | Comments(2)

昆虫とピント

e0097970_21200239.jpg

【 ヤマトシジミ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO / MC-20





ベニシジミと並び、最も一般的で街中でも見る事のできるシジミチョウのひとつ。
意外と特徴的な複眼で見分けも割に楽ですし、キリッとした表情がイケてる蝶です。

***
瞳AFとか動物やモータースポーツ認識AFなんかが出てきました、虫はまだですよね。
複眼に一発で合わせてくれればマクロも楽になる気はしますが、
合わせた後の追従(トラッキング)の方が難しいかも。
というか、マクロはピントがあまりに薄く、深度合成などの方が実用的かもしれません。
自分の視力矯正した方がいいかもしれないですし...。


 

# by M2_pict | 2019-09-14 08:37 | MZD 40-150mm PRO | Comments(2)

ほぼ止まる事を確認

e0097970_21591132.jpg

【 ヒャクニチソウで吸蜜するオオスカシバ:後ろから 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 135mm F4.5 MACRO
 Auto Extension Tube 65-116





「後日」と言っていたので早めに登場。
オオスカシバの翅を止めてみました。
...少し嘘です。端の方は止めきれていませんね。

これでSSは1/6400でした。
やはりこれ以上を望むのであればフラッシュを考えねばならない感じです。
個人的にはあまり「望んでいない」ので、普段はここまででしょうか。


 


更にSSを上げてみたけど、、、
# by M2_pict | 2019-09-12 20:45 | OM 135mm F4.5 Macro | Comments(2)

美しさと迫力と

e0097970_21224779.jpg

【 ニシキリギリス♀成虫 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO / MC-20





間近で見つけると未だに腰が引ける迫力。
美しさと迫力の同居するニシキリギリス♀です。
そう、キリギリスは西と東に分かるようになっているそうです。


 

# by M2_pict | 2019-09-11 20:20 | MZD 40-150mm PRO | Comments(2)