M2_pictlog

“寄り”の楽しさを教えてくれる

e0097970_050349.jpg
【ヒメアカタテハ】
 OLYMPUS E-3
 OM ZUIKO 80mm F4.0 Macro
 Auto Extension Tube 65-116


私が初めて蝶に寄って撮る楽しさを感じたのが、ヒメアカタテハの撮影でした。
春先と秋の頃は、割合い寄っても相手をしてくれる蝶のようで、
せわしなく動きながらも、コレと決めた花の上にしばらくは止まってくれますので、
その間にじっくりと寄って、さまざまなポーズを撮る事ができます。

ポイントは「その花の上ではあっても、絶えず動く」と言うこと。
被写体が動けば、こちらも動かないとピンを外します。
結果的に積極的な撮影となり、動きものを追う楽しさが味わえるというわけです。
by M2_pict | 2009-10-22 07:14 | OM 80mm F4.0 Macro | Comments(4)
Commented by mutuki@職場 at 2009-10-22 20:42 x
最近、これとは間逆の方向に走り出し・・・
あのぽや~んとしたAT-Xの画に快感さえ
覚えだしたのに・・・

これ見るとな~・・・週末はマクロか!
と思ってしまう節操のなさ(汗)

いいなぁ・・・いつ見ても。
Commented by nama3 at 2009-10-22 21:05 x
私も先日、我が雑草園に現れたこの蝶を、じっくり撮らせて
もらいましたが、この写真とは大違い。流石、M2さんです。
もっと勉強しなきゃと思いました。
 並木プロの、・・・・うんは口癖なのですね。今週の土曜日、
実技編で昭和記念公園へ行きます。狙いはコスモスです。
まだ咲いているのかな。
Commented by M2_pict at 2009-10-23 22:29
mutuki_wさん、じゃ、週末はマクロという事で、よろしく♪

最近バリバリに狙ったの、ではないの、を、
できるだけ多くエントリーしようと心がけたりしています。
見捨てないでね。
Commented by M2_pict at 2009-10-23 22:39
nama3さん、夏場はちっとも相手をしてくれなかったりするのですが、
秋は、じっと待っていれば何度でも相手してくれたりしますよね。
最初に撮った時、新しい撮影の楽しさを見つけたと思ったものでした。
まぁ、一昨年の事ですが(^^;

以前(たぶんE-3のイベントの時)オリのSSで講演されたんですよ。
その時の印象が「まぁ、なんとも.『..うん。』の多い人だなぁ」と(笑
コスモスは美しい上にどこでも見られて、かつ花期も長くて、
被写体としてはいう事ないと思うんです。それだけに難しいとも言えますね。
私は「どう撮ってもいいんだ」って、振り切るように好きに撮るようにしています。
名前
URL
削除用パスワード