M2_pictlog

不動でも

e0097970_00275779.jpg

【 OLYMPUS PEN-S 2.8 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





それなりに使っていたにもかかわらずblog記事は皆無だったPEN-S2.8。
兄弟機種のS3.5と共に愛用している機種ですが、外観はそれなり。
ややこのS2.8の方がヤレてる感じですが、どちらもほぼオリジナルの状態は保っています。

当初は「不動でも...」と手に入れたものですが、某所にメンテナンスに出したところ文字通り見違えるようなコンディションに生まれ変わり、それ以降、一番使えるフィルムスナップ機へと変貌しました。
フルマニュアルの目測機ですが、整備後はファインダーがすっきりしたのが何よりも撮影の楽しさに直結しています。
単に覗いてラフなフレーミングを行うだけ、と言えばそうなのですが、やはり気分が違うのですよね。
ちなみに、わずかに薄いS3.5をメインとしているつもりですが、半段ほど明るく絞り羽も多いこちらのS2.8の方が暗い状態でも扱いやすい事もあって、仕様頻度としてはこちらの方がやや多めです。


 

by M2_pict | 2018-10-29 22:09 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(2)
Commented by yy2828yy at 2018-10-30 05:22
おはようございます。
「S」ですから、やっぱり2.8でしょうね。
それにやっぱり絞りは正統系列からスタートして欲しいものです。
尤も、だからといって両方所持を何ら妨げるものではないところが...いやいや。
シンプルだからこそ奥の深いカメラだといえるでしょうね。
コンパクトでキリキリキリと巻上げ、チッとレリーズ。
旅にこれだけというのは、一つの見識でありますし、まさに玄人的選択。
口にする以上になかなかできないことではあります。
それだけに大胆と細心による記憶にも残る撮影ができたこととお察しします。
Commented by M2_pict at 2018-10-31 23:30
yy2828yyさん、こんばんは。
最初に手にしたのがS3.5の方で、かつ状態としてはそちらが上という事、わたしが少々捻くれ者である事などから、メインはS3.5などとほざいております。
が、2.8の正統、絞りの枚数は揺るぎない王道を感じるところです。
そう、両方でいいんです。

今回どっちつかずで右往左往したくなかったので、PENを出してからはハッキリこちらメインで撮り歩きましたが、その成果はあったような気がしています。
本来は観光旅行より練り歩き、みたいな時がツボにくると思うのですが、そうそう機会もないのですよね。
名前
URL
削除用パスワード