M2_pictlog

善三郎さん受難

e0097970_15051174.jpg

【 ファインダーの愉悦:ZENZA BRONICA S2 】

 LUMIX DMC-GM5
 LUMIX G 30mm F2.8 MACRO





大きく重く、どデカいシャッター音。
それが善三郎さんこと ZENZA BRONICA S2。
知っている方はご存知のように、その目一杯詰まったロマンの分だけ重くなったようなカメラです。

ブローニー、6X6 は、うちで一番大きなフォーマット。
そもそもは「家族写真をポジで持っておきたい」といった望みから始まった私の中盤カメラへの興味でしたが、いつのまにか増えてしまって...。
その決定版みたいな形で「重石」となってくれている感のあるBRONICA S2。
持ち出すには少しばかり気合が必要(日常鞄ではちょっと難しい)ですが、他にはないアゲアゲな気分にさせてくれるカメラなんです。


 




e0097970_15052588.jpg

【 ファインダーの愉悦 *2:ZENZA Bronia S2 】

 LUMIX DMC-GM5
 LUMIX G 30mm F2.8 MACRO





ところがこの善三郎さんことBBRONICA S2ですが、少々問題が発生。
今回220フィルムを初めて手に入れた関係で、220フィルムが使えるカメラという事で久々に出動となったS2でしたが、先日受け取ってきたポジには結構な光線引きがみられました。
以前光線引きの出たフィルムバックとは別のフィルムバックでしたが、また違った出方をしているようです。
こうなるとなかなか本気撮りも難しく、さりとてダラダラとアテのないテスト撮影をする気にもなれず。
当面残りの220フィルムは別のカメラに任せ、S2(フィルムバック)は修理を考えねばならぬようです。


 

by M2_pict | 2019-02-03 08:38 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード