M2_pictlog

2018年 12月 30日 ( 1 )

物欲の顛末2018

e0097970_18522386.jpg

【 CONTAX 139QUARTZ / Planar 85mm F1.4 / 139 WINDER II 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8





例によって、今年1年の物欲の顛末を振り返るという身の程知らずな年末企画です。
昨年の崩壊劇から一転、今年はすっきりとした内容になったでしょうか。
ちゃんとご紹介できていないモノもありますが、とりあえず形にできたセットとなります。

はい。なんか増えてます;汗
右側の139Qがすでにご紹介も済んでいるボディで、オリジナルの貼革の状態が良かったもの。
テスト撮影にて盛大に光線引きが出てしまったので、その後モルトを貼り直したものです。
プラボディでも良いモノは良いと思い直した記念碑的?ボディでもあります。
そして 139WINDER II もキッチリ動作しています。
(貼革は別モノです)

そして左奥に少しボケながらいるのが、その後増殖した139Q。
こちらは普通?にオジリナルの貼革はボロボロになっていたのですが、取り急ぎ手元に手配していた「おまけ」の革を貼ってみているボディです。
ところがこれがこの頃のCONTAXの怖さか、そことモルト以外はまったく問題のないボディで、ファインダーもすばらしく綺麗、シャッターも(いまのところ)鳴いておらず、各部の操作感も上等というアタリ。
これは今後139Qはこちらがメインになってきそうな感じもしています。
そしてこちらにも 139WINDER II が...。

なによりこのレンズがあるからこそボディが増殖したのではないかと思われるのが、Planar 85mm F1.4。
ボディとのバランスという意味ではRXなどの方がしっくりくるのですが、RXを軽く凌駕するファインダーの気持ち良さもあって、こちらをメインに使いがちです。

それから写っているモノとしては最後になりますが、RIGHT-ANGLE FINDER が茶革の139Qに生えています。
これ、手に入れてから知ったのですが、正像タイプのアングルファインダーでした。
作りもなかなかに良く139Qとの組み合わせでは実に明るく見えも良いものでした。
もちろん、S-Planar 60mmとの組み合わせで活躍してくれる予定です。

この他、写せていませんが、タナボタ式に増えたモノとして、MAGNIFIRE F-2、TUBE 13mm/20mm/27mmなどがあります。
あと、CONTAX関連として、先年導入していたRX用に 全面マット式のファインダースクリーンFW-3 が手に入りました。
今年はじっくりと使う機会を作れませんでしたが、やや暗く汚れていたRXのファインダーも改善され、当社比2倍?な感じに気持ちよくなりました。
やっぱり私は一眼レフには全面マットがツボります。

あと...少々増えていますが、今年は使えるところまで持ってこれていませんので、また来年に繰り越し...というところでご容赦を。
で、アレは?アレどうした?と思うのですが、年始早々にご紹介していた「ふわとろ」はLアライアンスの発表後数日で「一旦」手放す事にしました。
FOVEONの強烈さは焼き付いていますので、いずれまた、とは思っています。
それと、当初より「期間限定、用途限定」で導入したXZ-2も無事役目を終えましたので、今後手放す事となります。
実質オリ最後の高級コンデジ(除くタフデジ)をしっかり使えたのは良かったかもしれません。

***
そんなこんなの2018物欲の顛末ではありました。
昨年はM645に突撃し、その後大暴走した1年でしたが、今年はY/C(のボディ)に翻弄された1年だったかも知れません。
そう、使っていないモノはご紹介しないという趣旨にのっとると、今回はコレだけなんですよね;汗

来年は主力デジの入れ替えができるかどうかが柱となるでしょう。
もちろん、噂されているフラグシップなどは導入するつもりも予算もありませんが、ウチの主力機M5IIもそろそろ丸4年となろうとしていまして...まだ現役機種なんですけど...。
また、フィルム機材は使えない機体を手入れしつつ、増やすのは我慢しながら使い込んでいかねばと。
いや、本当に考えながら使わないと使われる事なく過ごす機材が増えそうで...
さ、防湿庫から溢れた機材をどうにかしていかねばと頭を悩ます年末です。


 

by M2_pict | 2018-12-30 20:49 | MZD 25mm F1.8 | Comments(2)