M2_pictlog

<   2018年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

違う戦い

e0097970_07562507.jpg

【 ハグロトンボ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2 MACRO





ソコへ行けば、ほぼ撮れる事のわかっているハグロトンボですが、今季は行けていません。
今回は、いつもの公園でのひとコマですが...この公園で見たのは、少なくとも撮ったのは初めてだった気がします。

例によってひらひらとかわされてしまうのですが...
なによりその敏感な相手よりも私の顔や手にまとわりつく「蚊」との戦いに終始した印象。
なにせ「蚊」を払うとハグロトンボも逃げるという繰り返しで...。


 

by M2_pict | 2018-08-30 08:40 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)

慌ててばかりいると

e0097970_22375822.jpg

【 チョウセンカマキリ終齢 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO / MC-14





相応に日々の中で撮影の機会を得ていると、相応に失敗もまたあるもの。
先日はそんな感じで脱力の中、それでも得られた数カットが傑作である事を願うばかりでした。

***
トンボを狙って池の縁で観察していると、目の前の葦の葉(?)にカマキリが。
例によって「なーに見てんだ!」と言わんばかりに見返されてしまいますが、こっちはただもうかわいらしく。
別カットで確認できたのですが、このコはチョウセンカマキリの終齢幼虫のようでした。
なんとも弱っちくヒョロっとした体躯。
しっかり食べて立派な成虫になって欲しいものです。


 

by M2_pict | 2018-08-29 07:53 | MZD 40-150mm PRO | Comments(2)

温暖化の効用?

e0097970_22262485.jpg

【 地面に華:イシガケチョウ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2 MACRO





温暖化の影響による昆虫の生態系(?)の北上が言われますが、この蝶もそのひとつ。
それほどたくさん見る蝶でもありませんが、ほぼ定着していると思われます。
地元昆虫写真撮りな私としては、不本意ながらありがたい事です。


 

by M2_pict | 2018-08-28 08:02 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)

ピンスポ

e0097970_18271566.jpg

【 瞳が狙う:ハラビロカマキリ成虫 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO / MC-14





「成獣(虫)爆誕!」とか調子にのって記事タイトルを付けた時の別カットです。
ほぼこの構図で複数枚撮った中、このカットだけが顔に狙いに近いスポット光が来てくれました。


 


ハラビロの全身像を追加、、、
by M2_pict | 2018-08-26 21:35 | MZD 40-150mm PRO | Comments(2)

祭りの後

e0097970_22260765.jpg

【 オオシオカラトンボ♂ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO / MC-14





買う予定のないカメラの話をしてもアレですが、そこはニコンのマウント変更ですし...。
Zマウントとそのシステム。
さすがに後発、しかも大御所が不滅のFマウントを上回ると公言(?)してまで新規開発したシステムとあって中々の内容だったかと思います。

個人的な趣向を含めて言えば、発表されたボディの内容では金額的にも現在発表のシステム内容(マクロの無いレンズロードマップ)にしても、私が欲しいシステムではないので一安心(?)でしたが、さすがのニコン。初号機の割には(ニコワンがあったにせよ)良く熟れているしレンズの描写も基準値をかなり上げたレベルを設定してきた...ような気がしています(当面S-lineレンズばかり)。
よくある言い方をすれば、ニコンによるニコン使いの為のミラーレス(の奔り)という印象。
(ノクトは記念碑的に凄かろうと想像)
ニコンの本気は今回のボディではなく、やはりZマウント(システム)そのものの基本設計だろうと思うのでした。

あとはキヤノンというところですが、さて。
マウント規格が公開されないようですし(やっぱり)、レンズメーカー(特にシグマ)は今後どうしていくのか、とても気になるプチシグマ使いです。

また、そのミラーレスの盟主たるマイクロ陣営はどうしていくのか。
しばらく目立った動きもなさそうなのですが、メインに据えてるユーザーとしては、やはり奮起を期待しているのです。
(新マウントはいりませんよ)

***
今回はオオシオカラトンボのオス。
全身の青が印象的な中型のトンボ。
背景に暖色を持ってこれそうだった事もあって撮ったカットでしたが...
少しコントラストが強くて、思ったほどの効果は出せなかったみたいです。


 

by M2_pict | 2018-08-24 23:11 | MZD 40-150mm PRO | Comments(0)

Z day

e0097970_22413355.jpg

【 ハラビロカマキリ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





8/23は、一部カメクラにとっては歴史として記憶してもいい日かも知れません。
永遠のFマウントを持つニコンから新Zマウントのカメラが発表されるようです。
当面Fマウントとの共存を謳うのは当然ですが、軸足を大きく切ったのは間違いのないところでしょう。

そんな中、密かにミラー付きFマウントが気になる私だったりしますが...そのまま忘れるかも。

***
さて、今回の相手は3回目の登場となる少し色の薄いハラビロカマキリの幼虫ですが、色は関係ない画となりました。
ちなみに、縦横間違えてはいません。
垂直の柱に立ち、下を向いてお祈りポーズをしていたものです。
もうしばらくこのままいてくれれば露出違いを撮りたかったのですが、そう、次の瞬間には動かれてしまいました。

※日付を間違えてましたので修正してます...


 

by M2_pict | 2018-08-23 07:07 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(2)

何をしているのかな?

e0097970_21210447.jpg

【 コガネムシの仲間 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO / MC-14





高く伸びた雑草の仰ぎ見てみると、先端の方になにやら虫が。
妙なポーズの割にはちっとも動いてくれず、結果裏側からのみ撮影。
つまり同定には至らずです。

***
ここのところカメラを買わないものだから、物欲が脇道に逸れて鞄へと向かっていたりします。
それも、メインは変わらずそのままにピンポイント的用途に走ったり。
そのひとつが少し前にご紹介していたAAAのGDR-212Cですが、今度はバックパックを新調してみました。
旅行と自転車移動用にと選んだのですが、さて実用はどうか。
実物も見ずに(店舗がない田舎ですし)選んだものですからハズレの不安も大きいので、使ってみてから改めてご紹介したいと思います。


 

by M2_pict | 2018-08-21 22:36 | MZD 40-150mm PRO | Comments(0)

季節が進む、その前に

e0097970_21574864.jpg

【 ハラビロカマキリ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





また台風、今度は2つ、挟まれるような位置にある地元ですが、直撃ではなさそう。
しかし、その影響も既に出ていて、また暑くなっています。
この時期、仕事に加え台風の間を縫うような撮影になります。
そしてまた季節が少し進む事になりそうです。

少し色の薄いハラビロカマキリの幼虫
こちらを警戒して裏へ下へ、そしてまて表へと回り込むように移動します。
おかげでいろんな状況や角度で撮る事ができるのですが...
サービス満点です。


 

by M2_pict | 2018-08-21 08:46 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(0)

勘違い

e0097970_10345173.jpg

【 木道のコミスジ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO / MC-14





コミスジは林の縁などで見かける蝶です。
ところどころ滑空するような飛び方もあり、とても軽快で涼しげな印象を持っています。
この日も暑い日でしたが、撮影中はどことなく涼しいとすら感じて。

単なる勘違いですけどね。


 

by M2_pict | 2018-08-19 21:47 | MZD 40-150mm PRO | Comments(0)

虫の鳴く

e0097970_08090139.jpg

【 登るハラビロカマキリのコ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 135mm F4.5 MACRO
 Auto Extension Tube 65-116





「盆を過ぎれば」とは言いますが、夜の虫の鳴く声が心地よく感じられたのは久しぶりでした。
虫撮りも後半戦に入ったという感じです。

被写体は少し前の撮影から。
ハラビロばかりですが、このコは初登場です。
体に茶の柄が少し目立つタイプ。
脇を通るアリを無視するように上を見据えていました。


 

by M2_pict | 2018-08-18 07:39 | OM 135mm F4.5 Macro | Comments(2)