M2_pictlog

タグ:カマキリ ( 221 ) タグの人気記事

少しの驚きと嬉しさと

e0097970_22473995.jpg

【 きれいなオオカマキリの卵 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2 MACRO





先のオオカマキリを撮った場所から10mほどでしょうか。
少し高めの場所で見つけたオオカマキリの卵です。
もう卵があるのかという少しの驚きと、新しくてきれいな卵に来季の事を思いなんとも嬉しい気持ちに。


 

by M2_pict | 2018-10-22 23:05 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(0)

カマキリ最終章

e0097970_14115923.jpg

【 紫陽花の葉の上のオオカマキリ♀ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2 MACRO





朝方の冷え込みを感じると、頭に浮かぶのがカマキリ。
この感じだともう動けなくなるのではないかと。
やっといつもの公園へ撮影に出たのがこういうタイミングでした。

果たしてようやく出会えた紫陽花の葉の上の立派なオオカマキリのメス(茶型)でしたが、じっとしているというよりほとんど動けないのではないかという感じにも見えました。
頭と偽瞳孔と顎でキッチリと威嚇されましたが....。


 

by M2_pict | 2018-10-21 18:21 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)

揃い踏みのフルサイズ

e0097970_20521983.jpg

【 やせっぽっちのカマキリ 】

 CONTAX RX
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8
 FUJIFILM RVP50


 [Digital Dupe]
 OLYMPUS E-M5 Mark II
 LUMIX G 30mm F2.8 MACRO





SONYのFEマウント、NIKONのZマウント、CANONのRFマウントと、トップ3のミラーレスマウントが揃いました。
三社三様で面白くなくはないのですが、やはり高画質とトレードオフとはいえレンズを含めたシステムとしての肥大化が具現化してきた印象が強く、もはや「135フォーマット」の持っていた取り回しの良さといった特性は完全に失われたと感じています。
もちろん価格的にも。

あと、SONYは順当に(というよりだいぶ早く)世代を重ねて熟成していますが、NIKONとCANONは驚くべき完成度とは言え初号機。
いろいろ不満の声も聞こえますし当然そうでしょうけど、オリパナのマイクロ初号機やE-M5初号機と当時のレンズラインナップを思うと、流石のトップメーカーだと思うのです。
あえて色分けすれば、マウントの素性の良さを感じるZ、らしい手堅さのRF、APS-Cの枷を感じるものの先駆者の有利を感じるFEといったところ。

***
さてそんな中、私の方はと言えば、フィルムフルサイズでマクロをやってたり。
ちょっと前にフィルムを入れていたものの、なかなか機会に恵まれていなかったRXとS-Planarでカマキリを。
このカットではわかりにくいのですが、やせっぽちなオオカマキリのオス(かな?というところ)。
茶型の、ちょっと緑が差し色で入ったヤツ。
カッコいいなぁと思うのでした。


 

by M2_pict | 2018-09-10 22:25 |  CONTAX RX & 139Q | Comments(10)

希望的観測

e0097970_08312803.jpg

【 葉に潜むハラビロカマキリ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2 MACRO





今回の台風、改めて台風という天災の恐ろしさを刻みつけていった気がします。
幸いにもこちらでは影響もほとんどなく通常を過ごせましたが、ネット上ではリアルタイムで驚くような状況がひっきりなしで、その速報性も見せつけられました。

逆に、これまでのところTVなどのニュースは見ておらず、全体像は曖昧なまま。
徐々に整理されてくるとは思いますが、被害の少ない事を願うばかりです。

***
同化するように潜むハラビロカマキリの成虫は、前回もここで見かけたコかなぁ?と思いながらの撮影でした。
もちろん探していたのですが、特別に目印を付けたわけでもありませんから、単なる推測...希望です。


 

by M2_pict | 2018-09-04 20:53 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)

慌ててばかりいると

e0097970_22375822.jpg

【 チョウセンカマキリ終齢 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO / MC-14





相応に日々の中で撮影の機会を得ていると、相応に失敗もまたあるもの。
先日はそんな感じで脱力の中、それでも得られた数カットが傑作である事を願うばかりでした。

***
トンボを狙って池の縁で観察していると、目の前の葦の葉(?)にカマキリが。
例によって「なーに見てんだ!」と言わんばかりに見返されてしまいますが、こっちはただもうかわいらしく。
別カットで確認できたのですが、このコはチョウセンカマキリの終齢幼虫のようでした。
なんとも弱っちくヒョロっとした体躯。
しっかり食べて立派な成虫になって欲しいものです。


 

by M2_pict | 2018-08-29 07:53 | MZD 40-150mm PRO | Comments(2)

ピンスポ

e0097970_18271566.jpg

【 瞳が狙う:ハラビロカマキリ成虫 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO / MC-14





「成獣(虫)爆誕!」とか調子にのって記事タイトルを付けた時の別カットです。
ほぼこの構図で複数枚撮った中、このカットだけが顔に狙いに近いスポット光が来てくれました。


 


ハラビロの全身像を追加、、、
by M2_pict | 2018-08-26 21:35 | MZD 40-150mm PRO | Comments(2)

Z day

e0097970_22413355.jpg

【 ハラビロカマキリ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





8/23は、一部カメクラにとっては歴史として記憶してもいい日かも知れません。
永遠のFマウントを持つニコンから新Zマウントのカメラが発表されるようです。
当面Fマウントとの共存を謳うのは当然ですが、軸足を大きく切ったのは間違いのないところでしょう。

そんな中、密かにミラー付きFマウントが気になる私だったりしますが...そのまま忘れるかも。

***
さて、今回の相手は3回目の登場となる少し色の薄いハラビロカマキリの幼虫ですが、色は関係ない画となりました。
ちなみに、縦横間違えてはいません。
垂直の柱に立ち、下を向いてお祈りポーズをしていたものです。
もうしばらくこのままいてくれれば露出違いを撮りたかったのですが、そう、次の瞬間には動かれてしまいました。

※日付を間違えてましたので修正してます...


 

by M2_pict | 2018-08-23 07:07 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(2)

季節が進む、その前に

e0097970_21574864.jpg

【 ハラビロカマキリ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





また台風、今度は2つ、挟まれるような位置にある地元ですが、直撃ではなさそう。
しかし、その影響も既に出ていて、また暑くなっています。
この時期、仕事に加え台風の間を縫うような撮影になります。
そしてまた季節が少し進む事になりそうです。

少し色の薄いハラビロカマキリの幼虫
こちらを警戒して裏へ下へ、そしてまて表へと回り込むように移動します。
おかげでいろんな状況や角度で撮る事ができるのですが...
サービス満点です。


 

by M2_pict | 2018-08-21 08:46 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(0)

虫の鳴く

e0097970_08090139.jpg

【 登るハラビロカマキリのコ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 135mm F4.5 MACRO
 Auto Extension Tube 65-116





「盆を過ぎれば」とは言いますが、夜の虫の鳴く声が心地よく感じられたのは久しぶりでした。
虫撮りも後半戦に入ったという感じです。

被写体は少し前の撮影から。
ハラビロばかりですが、このコは初登場です。
体に茶の柄が少し目立つタイプ。
脇を通るアリを無視するように上を見据えていました。


 

by M2_pict | 2018-08-18 07:39 | OM 135mm F4.5 Macro | Comments(2)

狭い界隈の話ですが

e0097970_21375218.jpg

【 スポットライトを浴びるルパンハラビロカマキリ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





今年の盆はいつもと違った形でアレコレ忙しかったのですが、なんとなく平成も最後という印象が強い数日だった気がします。
ただし、狭い私の界隈の話なので、時代がどうとか世界がどうとかと言う気もありません。

***
さて、カマキリ増量キャンペーン中なので、隔回カマキリです。
今回は時々登場する木道にで出会ったハラビロカマキリ(幼虫)。
脱皮して時間があまり経っていないのか、色が薄めの印象ですが、なかなかじっとしてくれない活動的なコでした。
なお、場所は木道の手すりの「柱」。
そこでポージングするカマキリにジャストなスポットライト(木漏れ日)が来るという幸運。

そんなこんなで...いろんな角度から撮りまくっていますので、このコも数回あると思います。


 

by M2_pict | 2018-08-15 22:02 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(0)