M2_pictlog

タグ:バッタ ( 88 ) タグの人気記事

食事前?

e0097970_17165395.jpg

【 イナゴ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO / MC-14





イナゴの食欲はすごいというイメージがありますが、ここはまだ食事前だったかも。
かじられた後のないシュッとした葉のトーンが、とても綺麗に感じられました。

ところで、イナゴの仲間なのはわかりますが、同定までには至りませんでした。
もう少し横から翅をと角度を変えようとして跳ばれてしまってエンド。


 

by M2_pict | 2018-08-12 22:36 | MZD 40-150mm PRO | Comments(0)

足元では

e0097970_07563703.jpg

【 枯葉の上のオンブバッタ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 135mm F4.5 MACRO
 Auto Extension Tube 65-116





トンボ特集もひとまず終わり、通常営業へ。
足元で緑の粒が跳ねてると思って覗き込んでみると、どうもオンブバッタの幼虫達のようでした。


 

by M2_pict | 2018-08-02 22:05 | OM 135mm F4.5 Macro | Comments(0)

億劫

e0097970_21390121.jpg

【 アジサイとヤブキリ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO





アジサイでみかける事は多いかな、ヤブキリ。
クローズアップな距離まで気がつかなかったりして、いきなりの接近遭遇に驚かされる事の多い相手です。
のそのそ奥へと引っ込む事が多いのですが、ここは頂点、なんとなく逃げるのも億劫そうではありました。



 

by M2_pict | 2018-07-02 22:20 | MZD 12-40mm PRO | Comments(4)

跳ねるモノ

e0097970_23265283.jpg

【 キリギリス幼虫 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8





先日のベニシジミ撮影時、同じく地面付近ではこのコらがピンピンと飛び跳ねては葉や茎の裏へ裏へと隠れます。
かわいい...。

それにしてもこのS-Planar。
スペックの割にデカくて重いのですが、さすがの等倍レンズはどこまで寄っても倍率に余裕が感じられます。
この季節の小さな相手を撮るには、思いの外戦力になります。
とは言え、マイクロフォーサーズで使うという意味ではMZD60mmF2.8と同じと思うと、「あぁ、道楽♪」と。



 

by M2_pict | 2018-04-08 23:52 | S-Planar 60mm F2.8 | Comments(4)

rechoice 2017 *9

e0097970_23150367.jpg

【 睨み合いのイナゴ:2017.8.撮影 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO / MC-14




例によって、忘れていたかのように2月は過ぎて、早くも3月。
月頭くらいは撮り下ろしからと思ったのですが、引きこもってばかりでは如何ともし難く。

***
好きではあるものの、いつもの撮り慣れた感じにボツにしていた1枚ですが、存外キリッとしたバッタ(イナゴ?)の表情が良くて。


 

by M2_pict | 2018-03-01 23:35 | MZD 40-150mm PRO | Comments(2)

rechoice 2017 *1

e0097970_08265767.jpg

【 ツチイナゴの幼虫:2017.9.撮影 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





いよいよネタ切れ。
この時期恒例、リチョイスシリーズ(昨年の撮影分から選び直した画)を。

まずはどこかトボけた味のあるツチイナゴから。
バッタの仲間は警戒心の強いものが多い(どうしても葉や茎の裏側に回り込んだりする)のですが、このツチイナゴは少しおっとりした感じがあって撮りやすい相手ではあります。



 

by M2_pict | 2018-02-06 08:36 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(6)

機会を逸しつつ

e0097970_22390039.jpg

【 越冬ツチイナゴ 】

 Mamiya 645 1000S
 MAMIYA MACRO A 120mm F4 M
 FUJIFILM RDPIII


 Digital Dupe
 OLYMPUS E-M5 Mark II / LUMIX G 30mm F2.8 MACRO





このセット、もう少し夏場の虫撮りに活躍させるつもりでしたが、つい機会を逸してこの時期になってしまいました。
それでも少しばかり撮れた昆虫の中から、これぞ越冬態勢という感のツチイナゴを。
こういう風に同化するべく、成虫が枯葉色なんでしょうね。



 

by M2_pict | 2017-12-18 23:01 |  Mamiya 645 | Comments(2)

コキア

e0097970_22180635.jpg

【 コキアとツチイナゴ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





画をいくつかあげておきながら「コレなんだったけ?」と失念していたのがこのコキア。
唐突に思い出したので、今回は名前をタイトルに入れてみました。
箒木(ホウキギ)とかも言うんでしたっけ。

蝶はあまり来ませんが、このツチイナゴを筆頭としてバッタ類は割と好んでいるようです。
それを餌にカマキリも...。



 

by M2_pict | 2017-11-08 23:21 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(2)

美しくも

e0097970_09124565.jpg

【 花とツユムシ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 OM ZUIKO 90mm F2 MACRO





コスモスの花に乗っていたツユムシ。
独特の美しさを感じて撮っていたのですが、このツユムシ、後ろ足が一本ありません。
厳しい世界を昆虫は生きています。

***
ここしばらく天候が冴えないのですが、タイミングよく晴れ間が広がった時の撮影から。
S-Plaを使っていると、頭のスミにはいつもこのレンズがありまして。



 

by M2_pict | 2017-10-19 21:49 | OM 90mm F2.0 Macro | Comments(2)

彼岸花に土蝗

e0097970_07460391.jpg

【 彼岸花に土蝗 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





A120の画を準備していましたが、ちょっと間に合わなかったのでテスト時のデジの方から。

ここのところフィルム機材にかまけているわけですが、合間あいまにデジタルも併用しています。
この彼岸花とツチイナゴ(ちょっと色が薄め)の幼虫も、フィルムで撮った後にデジでも撮ったものです。
こういう併用は疲れるし気分が散漫になるのでいつもはしないのですが、今回はテストしていたフィルムを撮りきってからのアフターカット(フィルムの予備なしで...)でした。

それにしても、今季もまたヒガンバナに出遅れて。
すでに近所ではピークを過ぎてしまったようです。



 

by M2_pict | 2017-09-25 22:53 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(2)