M2_pictlog

タグ:機材 ( 387 ) タグの人気記事

最短の記憶

e0097970_21360916.jpg

【 SIGMA sd Quattro Set 】

 LUMIX DMC-GM5
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





sd Quattro は、こういうセットで使っていました。
L字プレートに小型三脚か一脚で苦手な高感度をサポートしつつ高解像度を活かして云々。
これから先の季節の野草撮りには効果的だと思っていましたけど。
まあ、またの機会を待ちたいと思います。

 


シルエット気味に、、、
by M2_pict | 2019-02-18 23:06 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(0)

クローズアップ:S2 *3

e0097970_23062513.jpg

【 zenza BRONICA S2:フィルムバックの捲上げ環と12-24切り替えノブ 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 LUMIX G 30mm F2.8 MACRO





S2のクローズアップをまとめて。
なお、1と2は以下に(リンク追加しました)。
クローズアップ:S2 *2
クローズアップ:S2 *1

***
フィルムバック側面。
12と24の表記に合わせて切り替える事で120と220の切り替えを行います。
表記の真ん中のポッチが切り替えのロックボタン。
ここまで拡大すると、さすがに少し腐食してるのが...。

巻上げ環はフィルムバック単体の時に使うもの。
交換用のフィルムバックを用意する時などに使うものでしょうか。
通常はボディ側のクランクなどを使います。

 


さらに続けます、、、
by M2_pict | 2019-02-09 23:46 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(4)

クローズアップ:S2 *2

e0097970_09144437.jpg

【 zenza BRONICA S2 距離指標とヘリコイド *1 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 LUMIX G 30mm F2.8 MACRO





BRONICA S2の特徴的なところのひとつ。
様々な素材と処理の組み合わせが独特の雰囲気を作っています。
多重的な文字板は、ヘリコイドを共用するS2(C2)独自の機構故のものですが、作り手の苦心とアイデアが凝集されている感じがして、なんとも魅力的に感じています。

手に入れたばかりの頃も似たような画で魅力を記事にしていましたが、改めてココに絞って記事にしてみました。


 


もうちょっと、、、
by M2_pict | 2019-02-07 23:28 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(2)

クローズアップ:S2

e0097970_08494999.jpg

【 zenza BRONICA S2 / NIKKOR-P 7.5cm F2.8 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 LUMIX G 30mm F2.8 MACRO





時代らしい縮み塗装のアルミ銘板。
押し出しの強さと、どことなく垢抜けない感じの同居。

上の少し塗装の剥げたところはファインダー取り外し用のレバー。
これが硬くて、最初は押したものか引いたものか少し悩む。

左下、ボケた銀色のボタンがレンズのリリースボタン。
正確にはS2独特のヘリコイドのリリースボタン。
レンズのみの交換の場合は、ヘリコイドを伸ばした時に出てくる別のボタン(レバー)で行います。

S2の外装はステンレス。
硬いけど重い(比重は真鍮よりも軽いらしい)。
ステンレス部分は塗装ではなくブラッククロームメッキ。
艶やかで美しく強い(傷は付けば目立つかも)。
素材ゆえの質感はひとつの魅力です。


 

by M2_pict | 2019-02-05 22:25 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(0)

善三郎さん受難

e0097970_15051174.jpg

【 ファインダーの愉悦:ZENZA BRONICA S2 】

 LUMIX DMC-GM5
 LUMIX G 30mm F2.8 MACRO





大きく重く、どデカいシャッター音。
それが善三郎さんこと ZENZA BRONICA S2。
知っている方はご存知のように、その目一杯詰まったロマンの分だけ重くなったようなカメラです。

ブローニー、6X6 は、うちで一番大きなフォーマット。
そもそもは「家族写真をポジで持っておきたい」といった望みから始まった私の中盤カメラへの興味でしたが、いつのまにか増えてしまって...。
その決定版みたいな形で「重石」となってくれている感のあるBRONICA S2。
持ち出すには少しばかり気合が必要(日常鞄ではちょっと難しい)ですが、他にはないアゲアゲな気分にさせてくれるカメラなんです。


 


ところが、、、
by M2_pict | 2019-02-03 08:38 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(0)

E. Zuiko 25mm F4

e0097970_21373834.jpg

【 OLYMPUS PEN-FT / E. ZUIKO 25mm F4 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





今年100周年を迎えるというオリンパス。
それを記念するモデルである E-M1 Mark II の限定シルバーモデルと新しいフラグシップが登場した今日ですが、私はといえばこんな古いモデルの画像を編集しながらニヤニヤしています。

新しいデジにも期待するところはありますが、それはまた別で。


 


もうちょっと、、、
by M2_pict | 2019-01-24 23:23 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(2)

ZD50mmも現役

e0097970_21245546.jpg

【 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2 MACRO 】

 LUMIX DMC-GM5
 LUMIX G 30mm F2.8 MACRO





昨年末の事ですが、ZD50mmマクロをオリのサポセン送りにしていました。
ピントリングのラバーが加水分解でボロボロになっていたのに我慢できなくなっていたもので...。
さすがにちょっとだけ「手放そうか」という考えが過ぎりましたが、OMともMZDとも違う描写は惜しく。
結局いいお値段かけて修理となりました。

ただちょっと疑問も残してしまいました。
年末のワタワタしていた時に出したものですから詳細を煮詰めていなかったのですが、もしかして『ピントリングのゴムだけを部品として手配できたんじゃないのか?』という...。
いや、各部点検もしてもらったみたいだし...と、納得しておきましょう。


 

by M2_pict | 2019-01-19 23:59 | G 30mm F2.8 Macro | Comments(4)

MBP 2018

e0097970_22194213.jpg

【 スリーブケースとMBP 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 ZUIKO DIGITAL 50mm F2 MACRO





自分でも意外でしたが、MacBook PRO デビューです。
最初のノートパソコンがそのまま最後になっていたのですが、それが PowerBook G3 だったりするものですから、それはもう隔世の感甚だしく。


 


導入の顛末、、、
by M2_pict | 2019-01-13 00:15 | ZD 50mm F2.0 Macro | Comments(6)

物欲の顛末2018

e0097970_18522386.jpg

【 CONTAX 139QUARTZ / Planar 85mm F1.4 / 139 WINDER II 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8





例によって、今年1年の物欲の顛末を振り返るという身の程知らずな年末企画です。
昨年の崩壊劇から一転、今年はすっきりとした内容になったでしょうか。
ちゃんとご紹介できていないモノもありますが、とりあえず形にできたセットとなります。

はい。なんか増えてます;汗
右側の139Qがすでにご紹介も済んでいるボディで、オリジナルの貼革の状態が良かったもの。
テスト撮影にて盛大に光線引きが出てしまったので、その後モルトを貼り直したものです。
プラボディでも良いモノは良いと思い直した記念碑的?ボディでもあります。
そして 139WINDER II もキッチリ動作しています。
(貼革は別モノです)

そして左奥に少しボケながらいるのが、その後増殖した139Q。
こちらは普通?にオジリナルの貼革はボロボロになっていたのですが、取り急ぎ手元に手配していた「おまけ」の革を貼ってみているボディです。
ところがこれがこの頃のCONTAXの怖さか、そことモルト以外はまったく問題のないボディで、ファインダーもすばらしく綺麗、シャッターも(いまのところ)鳴いておらず、各部の操作感も上等というアタリ。
これは今後139Qはこちらがメインになってきそうな感じもしています。
そしてこちらにも 139WINDER II が...。

なによりこのレンズがあるからこそボディが増殖したのではないかと思われるのが、Planar 85mm F1.4。
ボディとのバランスという意味ではRXなどの方がしっくりくるのですが、RXを軽く凌駕するファインダーの気持ち良さもあって、こちらをメインに使いがちです。

それから写っているモノとしては最後になりますが、RIGHT-ANGLE FINDER が茶革の139Qに生えています。
これ、手に入れてから知ったのですが、正像タイプのアングルファインダーでした。
作りもなかなかに良く139Qとの組み合わせでは実に明るく見えも良いものでした。
もちろん、S-Planar 60mmとの組み合わせで活躍してくれる予定です。

この他、写せていませんが、タナボタ式に増えたモノとして、MAGNIFIRE F-2、TUBE 13mm/20mm/27mmなどがあります。
あと、CONTAX関連として、先年導入していたRX用に 全面マット式のファインダースクリーンFW-3 が手に入りました。
今年はじっくりと使う機会を作れませんでしたが、やや暗く汚れていたRXのファインダーも改善され、当社比2倍?な感じに気持ちよくなりました。
やっぱり私は一眼レフには全面マットがツボります。

あと...少々増えていますが、今年は使えるところまで持ってこれていませんので、また来年に繰り越し...というところでご容赦を。
で、アレは?アレどうした?と思うのですが、年始早々にご紹介していた「ふわとろ」はLアライアンスの発表後数日で「一旦」手放す事にしました。
FOVEONの強烈さは焼き付いていますので、いずれまた、とは思っています。
それと、当初より「期間限定、用途限定」で導入したXZ-2も無事役目を終えましたので、今後手放す事となります。
実質オリ最後の高級コンデジ(除くタフデジ)をしっかり使えたのは良かったかもしれません。

***
そんなこんなの2018物欲の顛末ではありました。
昨年はM645に突撃し、その後大暴走した1年でしたが、今年はY/C(のボディ)に翻弄された1年だったかも知れません。
そう、使っていないモノはご紹介しないという趣旨にのっとると、今回はコレだけなんですよね;汗

来年は主力デジの入れ替えができるかどうかが柱となるでしょう。
もちろん、噂されているフラグシップなどは導入するつもりも予算もありませんが、ウチの主力機M5IIもそろそろ丸4年となろうとしていまして...まだ現役機種なんですけど...。
また、フィルム機材は使えない機体を手入れしつつ、増やすのは我慢しながら使い込んでいかねばと。
いや、本当に考えながら使わないと使われる事なく過ごす機材が増えそうで...
さ、防湿庫から溢れた機材をどうにかしていかねばと頭を悩ます年末です。


 

by M2_pict | 2018-12-30 20:49 | MZD 25mm F1.8 | Comments(2)

立ち上がりが遅く最後は駆け込みという悪癖

e0097970_22153734.jpg

【 CONTAX 139QUARTZ / 139WINDER II / Tessar 45mmF2.8 】

 OLYMPUS E-M5 Mark II
 M.ZD 60mm F2.8 MACRO





長ったらしい記事タイトルですが、要は139用にジャンクなワインダーを仕入れてまったりと整備(?)してたけど、貼革が手に入った途端一気呵成に仕上げてしまい、いろんなところを置いてけぼりしながら仕上げてしまいましたとさ、という事。
ボディのモルトも、分解なしに可能なところは全て貼り直しました。
テストでは光線漏れで散々でしたが、これでもう大丈夫でしょう...たぶん。
本当は冬の間にまったりチマチマと仕上げる予定だったんですけど。

さて139WINDER II、OM用とは少々違う作法に戸惑いながらも空シャッターによるテストは上々。
次は外でフィルムを入れてギャンギャンいわせないと、です。

ちなみに、Tessarに付けているフードは純正ではなく Asahi OPT銘、Takumar 50mm系用のものと思われるもの。
専用ケースもあるし内側には一部反射防止の触毛もされているシンプルな外観ながら凝ったフード。
ファインダーではケラレもなく大丈夫そうだし、次回はコレをテストしてみようかと思っています。


 

by M2_pict | 2018-11-03 08:11 | MZD 60mm F2.8 Macro | Comments(2)